« クリスマスプレゼント | トップページ | 年の暮れ »

冬椿

Img_9664-1

新しいビルの谷間に冬椿

浜松町で電車を降りて浜離宮恩賜庭園に寄ってしまった。入園料は65歳以上は150円だ。顔を見れば65歳以上だと誰でもわかるだろうにと、思いながら150円を出したら、「証明するもの(運転免許証または健康保険証等を出して下さい。」リックのなかをゴソゴソを探していると、生年月日は?」「1950年2月21日」。やっと運転免許証をだすと、「もういいです」。えっえぇ!だったら初めから、生年月日だけでいいじゃん!Ą1のロボットだったら多分、顔だけ見ればすぐに入場券がでてくるのでは。

Img_9666

中に入ると冬椿が待っていてくれた。

Img_9667-2

寒椿残る椿も散る椿

Img_9660

将軍様お上がり場に到着、日差しが眩しい。

Img_9656

竹芝ふ頭の先には青空に白い雲。思い切り深呼吸をした。ありがたいことに入り口でのイラッと感が消えていた。

Img_9657

帰りには、73歳の証拠写真を。「はいバター!」。

因みにだが、帰りに頂いてきたパンフレットによると、「都立庭園は、江戸。明治、大正時代から続く歴史、文化、自然を兼ね備えており、いずれも国や都の文化財にしていされています。」指定されている9庭園は、浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賞庭園、小石川後楽園、六義園、旧岩崎邸庭園、向島百花園、清澄庭園、旧古河庭園、殿ケ谷庭園。

このうちの大方は行っているが、来年早々にはもう一度巡ってみたいものだ。

 

 

|

« クリスマスプレゼント | トップページ | 年の暮れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスプレゼント | トップページ | 年の暮れ »