« 一粒万倍日 | トップページ | 節分草 »

梅一輪

Img_6047

梅一輪一輪ほどの暖かさ(服部嵐雪)

朝、駅に向かう途中には、梅の花が咲いていた。今日は2月1日、私立中学の受験日だ。私の3人の子供達もとおい昔に受験したことを懐かしく思い起している。あの頃は不動産バブルで登記の仕事が山のようにあり、子供達のことはほったらかしだった。田舎から母が上京してくれてなんとか子供達はそれぞれに行きたい中学校に合格した。入学式にも母が行ってくれた。あれからうん十年、今年も梅が咲いた。これからは少しづつ暖かくなる。日脚も伸びて梅が咲くと次は桜が。桜が咲く頃には、コロナも終息していることを願うばかりだ。

Photo_20220201090201

スペインのグラナダで日本食のお店をしている娘から、「ママ~!グラナダの駅前店がリニューアルオープンするよ!」。これからは、本店と支店両方掛け持ちで頑張るとのこと。40代になっている娘に負けないように70代の母親は、今日も一日笑顔で頑張るぞ~!

娘に、一句「凛として自分の花を咲かせよう」。

Photo_20220202084501

|

« 一粒万倍日 | トップページ | 節分草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一粒万倍日 | トップページ | 節分草 »