« 箱根の紫陽花 | トップページ | 雲にのりたい »

天が与えてくれた素晴らしい贈り物

Image

今日は、6月12日の未明に義兄が箱根のホテルで天国にひらりひらりと旅立ってから1か月経った。毎週週末は姉の家で、死後のやらなければならない煩雑な作業を手伝っている。義兄の書斎に入って机の引き出しを空けるときに、私は姉に「ねぇ~変なものが出てきたらどうする?」「変なものって何よ」「知らない女の人とその人との子供と一緒の写真とかさぁ~」「それは絶対ない」「そうかなぁ~!彼はマメで優しかったから。」「絶対にない」。

Kiku

机の引き出しから雑誌の記事のコピーが出てきた。「死」は天が与えてくれた素晴らしい贈り物。篠原医院の院長先生によると、「人は死ぬ瞬間は、脳にエンドルフィンという物質が大量に出て恍惚状態になります。夢見心地な状態で旅立つことができるので苦しくはありません。

義兄はこの記事のおかげで死にたいする不安が和らいだのかもしれない。

|

« 箱根の紫陽花 | トップページ | 雲にのりたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箱根の紫陽花 | トップページ | 雲にのりたい »