« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

円覚寺その2

Img_5429

朝の座禅は、「コロナが去った後のお楽しみ」とすることに。円覚寺と建長寺の間にある友人がやっている「去来庵」にてお茶をいただきながら女将さんとお喋りを楽しんだ後に、折角来たのだからと円覚寺に寄った。

Img_5435

この門を入った先が座禅道場だ。門は閉ざされていた。若い女性が中をのぞいていた。横田南嶺猊下のファンかのしれない。私も中をのぞいてみると、若いお坊さんが入り口に向かって立っていた。私が文京区小日向に住んでいた大家さんの徳運寺の副住職によく似たイケメンさんだ。しっかりと目の見開いて見てみると、腰骨を立ててすっきりと立っている。立禅をしているに違いない。

Img_5437

ここにも坂村真民先生の詩が掲示されていた。「花咲き花散りはや5月」

Img_5440-1

庭園内には観音様が微笑んでいた。大きさは私の机の前にある観音様と同じだ。

Img_5261_20210604090601

円覚寺のお手洗いの脇には、ショップがあった。ショップには朝、生垣の手入れをしたいた男性が着ていたティーシャツが売られていた。もちろん書籍も。そのなかの一冊「仏心のなかを歩む」横田南嶺猊下の随筆集を購入した。

ページを開くと、「はじめに 生まれたことの不思議 今日まで生きてこれたことの不思議 こうしてめぐり合えたことの不思議に手を合わせて感謝します。」

今朝も、「8時前に事務所までこれたこと、生きていることの不思議に手を合わせて感謝します。」と、私の事務所の机にいらっしゃる観音様に手を合わせた。

| | コメント (0)

円覚寺

Img_5383

私は文京区小日向にある徳雲寺の敷地内の13もの部屋があり庭には灯篭、お社もある広くて古い家に住んでいたことがある。古民家を好きなように改装して快適に住んでいた。

徳雲寺は臨済宗のお寺だ。今年の2月に和尚からお手紙を頂いた。「刻字展」の招待状が入っていた。個展の会場に入ると、なんとなんと、私が大好きな円覚寺派管長猊下横田南嶺老師の書が。じっと見入っていると、徳雲寺の和尚が「やぁ、久しぶり、来てくれてありがとう」「凄いですね~!ところで、横田猊下はここにこられるんですか」「昨日、来てくれたよ」「わぁ~残念!」「日曜日の朝9時に円覚寺に行けば会えるよ」。

話が長くなってしまったが、というわけで、円覚寺にきたのだ。が、コロナ過で日曜日の朝の座禅会は中止。

Img_5382

横田猊下がお書きになったにちがいない。

「これからだみどりの風よ さえずる鳥よこれからだ みちくる潮よこれからだ もえでる葦よこれからだ わたしの生よこれからだ」

Img_5384

朝早くから生垣を丁寧に手入れをしている男性の後ろ姿に思わず、手を合わせてしまった。

 

 

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »