« 墨田川のさくら | トップページ | 太田黒公園の八重桜 »

奥多摩のさくら

Img_4965

あの桜消ゆれば明日はただの山(中尾杏子)

4月3日いつものように朝5時の目が覚める。2週間前から始めた座禅もどきの瞑想がなんとか続いている。6時25分から10分は、みんなの体操をした。4月1日には、ありがたいことに一般社団法人の設立登記や新会社の設立登記、本店移転、新代表取締役就任等の登記申請をさせていただいた。疲れがどっとでるのでは、と、案じていたのだが。なんとなんと、エネルギーが満タン状態。

天候予報は、そこそこ。ではということで、奥多摩に出かけた。8時、目黒から新宿に。ラッキーなことに中央線の青梅行きに乗れた。青梅から奥多摩行きに乗り換えて、古里駅下車。

Img_4967

天気は曇り空、まさに花曇、満開のつつじとハクモクレンが出迎えてくれた。

Img_4974

「巨樹と清流のまち、奥多摩にようこそ」寸庭マップを頼りに歩き出した。さすがに人はいない。

Img_4969

途中に山吹、さくらと。

Img_4979

途中で、一人の男性にあった。奥多摩駅から来たとのこと。雨に降られることなく、筋肉痛もなくゆく春をを楽しんだ。感謝あるのみだ。

Img_4988

余生こそ一刻千金さくら咲く(山中宏子)

 

|

« 墨田川のさくら | トップページ | 太田黒公園の八重桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 墨田川のさくら | トップページ | 太田黒公園の八重桜 »