« 目黒川のさくら | トップページ | 夜桜 »

花房山通りのさくら

Img_4914

昨夜の雨で、花房山のがけの上に咲いているさくらが散りかけている。花びらががけに張り付いている。

Img_4915

散る桜残る桜も散る桜(良寛)

良寛さまは、江戸時代後期の曹洞宗の僧侶で書家でもあり歌人もあった人だ。これは、世にいう「辞世の句」だそうだ。因みに良寛さまには、「裏を見せ表も見せてひらりひらりと散る紅葉かな」という詩もある。

 

|

« 目黒川のさくら | トップページ | 夜桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒川のさくら | トップページ | 夜桜 »