« 万両 | トップページ | 冬ざれ »

日光へ一直線

Img_4418

日光に行かずして結構というなかれ

池袋駅7時37分発の日光1号に乗って日光に行ってきた。

Img_4415

朝、目黒駅を出た時は曇り空だったのが、下今市駅に到着した時は快晴。「ラッキー!」

レンタカーにて、東照宮に。

Img_4421

東照宮に着いた時は、やや怪しい空模様に。

Img_4422_20201221191601

コロナ禍で、ほとんど人はおりませんでした。拝観料をお支払いしていよいよ三猿とのご対面。

Img_4424

耳、口、目を手で抑えている猿の彫刻の解説文によると、どうやらや子育ての教訓らしい。「幼いうちは純真で影響を受けやすい。だから世の中の悪いことは見たり聞いたりさせず、悪い言葉も使わせず、良いものだけを与えよ。この時期に良いものを身に付けておけば、悪いものにも触れ(対し)ても正しい判断(行動)ができる。」私の子育ての時に、この教訓を頂いていれば、、、

もとは論語からのようだ。「礼節を欠くようなことを、見てならない、言ってはならない、聞いてはならない、行ってはならない」。そうだったんだ。「迂闊なことは言わない、嫌なことは見なかったことにする。自分に都合の悪いことは無かったことにする」ではないようだ。

「秘密にすること、他言無用」ではなく、本当の意味は、「自分の品性を落とすような事」を、見ない、言わない、聞かない。

今朝もいつものように五反田駅まで朝日に向かって歩いた。五反田駅のホームから衆議院議員の松原仁さんが、歩道橋から演説をしていた。「松原先生~!頑張ってください!」。思わず手を振りそうになった。野党の国会議員の先生、「都合の悪いことは無かった」ことのないように大きな声で言ってください。

 

|

« 万両 | トップページ | 冬ざれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万両 | トップページ | 冬ざれ »