« ペンタス | トップページ | つりふねそう »

吾亦紅

Img_3809

目黒の自宅から歩いて5分のところに国立博物館付属自然教育園がある。10年振りに行ってきた。いつでも行ける距離にあるとなかなか行かないもので。65歳以上の人は、身分証明書を見せると無料だ。ラッキー!と、一瞬喜んだが、5年前から無料だったんだから頻繁にきておけばよかった!なんだか損した気になってしまった。

公園内には、ワレモコウが咲いていた。お月見でススキとともに秋の植物として飾られるほか、『源氏物語』や『徒然草』にもその名が登場し、古くから人々に親しまれてきた植物のひとつだ。Img_3821

相続についてはこんな話がある。突然に「あなたは1000万円財産を相続することになりました」思わず、有難うございます。その後にお兄ちゃんは2000万円相続することが判明。「なんでお兄ちゃんが2000万円で俺が1000万円なの?」となる。最初の感謝の念から、一転して不満や怒りの感情が湧いてくる。1000万円は同じ1000万円なのに少なく感じてしまう。

自然教育園の入り口で味わった感情と同じかもしれない。実に人間のこころは不思議だ。この「こころ」の不思議さによって、相続がいわゆる「争族」になって骨肉の争いになり訴訟にまで発展する。

|

« ペンタス | トップページ | つりふねそう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペンタス | トップページ | つりふねそう »