« 曼珠沙華 | トップページ | 法の日 »

基準地価

Img_3785

9月30日月末だ。暑さ寒さもバランスが取れて爽やかな朝日に誘われて、自宅を6時50分の出て五反田駅まで歩いた。途中の道端には彼岸花が咲いていた。

Img_3784_20200930174901

近寄ってみた。一瞬、江戸工芸の水引の作品では?と、思ってしまうぐらいの見事な自然の作品に感動。五反田駅から山手線にのると、優先席が空いていた。「ラッキー!」堂々と優先席に座り、老眼眼鏡をとりだして、スマホで日経新聞を開いた。一面に、「基準地価、コロナが冷や水、3年ぶり下落」国土交通省が29日発表した2020年の基準地価(7月1日時点)は、全国途平均で3年ぶりの下落になった。基準地価はコロナの影響を織り込んだ最初の大規模な地価調査となる。

御徒町駅について、スターバックスに。孫のようなイケメン君が作ってくれたオータムラテのトールのホットのテイクアウトのスリーブ付きの紙コップをもって、事務所に着いた。時計を見ると7時50分。窓を開けて、植木に水をやり、その後、ネットで、公示地価、基準地価、路線価の違いについて調べてみた。

いずれも公的機関が公表している「土地の値段」で、公示価格は適正な地価の形成に役立てるために国が公表している価格で、一般的な土地売買の指標や、公共事業の取得価格の基準となっている。基準地価は、目的はほぼ公示地価と同じだが調査の主体が都道府県である。路線価は、国税庁が相続税や贈与税の算出のために決めている土地の価格である。

調査の主体が違う。価格の決め方が違う。評価時期が違う。発表時期が違う。調査地点が違う。なんでこうなるの?もっと、単純にしてほしい~!

土地の価格だ3っあることになる。「日本一高いのは銀座の鳩居堂」これは路線価、「日本一高いのは山野楽器」これは公示価格。ちなみに2018年は、鳩居堂は路線価は4432万円/㎡で、山野楽器は公示価格は5550万円/㎡だった。

土地を持っていない私には全然関係のない話なのだが、「土地を持っている人」は、自分の土地がいくらなのかは気になるだろうな。

 

 

|

« 曼珠沙華 | トップページ | 法の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曼珠沙華 | トップページ | 法の日 »