« 萩の小路 | トップページ | 基準地価 »

曼珠沙華

Img_3766

結い上げし髪のごとしや曼珠沙華(椎橋 清翠)

旧芝離宮恩賜庭園には燃える炎のような曼珠沙華が咲いていた。マンジュシャゲとは、赤い花をあらわす梵語であるといわれている。彼岸花ともいわれている。秋の彼岸が近づくと、地中の大きな鱗茎から30~50cmの花茎が伸びて花を開くのでこの名があるとのこと。昔から墓地に植えられることだ多かったので、死人花(しびとばな)幽霊花(ゆうれいばな)天蓋花(てんがいばな)捨子花(すてごばな)とも。曼珠沙華逃げるるごとく野の列車(角川源義)なんとなく傍に近寄りたくなくなった。

さて、相続税の話だが、仮に自宅が2億円で現金預貯金が6000万円あったとすると、息子がすべて相続した場合は、2億円の80%引きは、4000万円で預貯金の6000万円をたすと、丁度1億円になる。相続人がお母さんと子供2人の場合は、相続税は630万円となる。

では、2億円だったら単純に2倍となるかというと、なんと4.3倍の2700万円となりさらに、5億円では20.8倍の1億3110万円になる。これが、遺産額が多くなるほど税負担の重くなる超過累進課税率なのだ。

そこで、2億円の自宅と6000万円と預貯金をお母さんがすべて相続すれば、相続税は納めなくてよい。配偶者の税額軽減の制度だ。法定相続分の相当額または1億6000万円以下なら相続税はかからない。ただし、この特例の対象となる財産は、遺産分割などによって実際に取得したものに限られる。

 

|

« 萩の小路 | トップページ | 基準地価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 萩の小路 | トップページ | 基準地価 »