« 不安 | トップページ | 付言事項 »

レバノン杉

P61021021_20200820082901

今日は8月20日、孫たちの短い夏休みが終lわった。孫たちと過ごした夏休みのことを思い出している。今年は孫たちのも会えないし旅行にも行けない。仕方がないコロナだから。

Img_3604

「不要不急の外出はしないでください」特に高齢者は。ということなので、朝7時30分には事務所にきて、夕方は19時30分には家に帰る、という日々を送っている。おかげで、規則正しい生活ができている。加えて、いままで溜まっていた書類、手紙、写真等の整理ができている。特に60歳からの10年間に出かけたところの写真をみていると、「いろいろなところに行けてよかった」有難い。

私の事務所には、レバノン杉で作った置物がある。阿部正基作品のとなりにおいている。P61020841_20200820084702

このレバノン杉で作られたお土産品は、素敵なレバノンの母娘のお店で購入した。お土産のレバノン杉は、レバノン国旗中央のレバノン杉と同じ姿をしている。レバノン杉は聖書によく登場する。「麗しき枝、丈が高く頂は雲の中にある……その枝葉の空のすべての鳥が、巣をゆくり、その枝の下に野のすべての獣は子を産み、その陰にもろもろの国民は住む」

P61021381_20200821081501

還暦を過ぎて出会った旅友の出会いに感謝。この林の中にいた時に感動した香りを思い出している。すばらしい香りを放つレバノン杉は、古代の神殿の内装材として使われていたとのこと。因みに、レバノン杉はスギと名前がついているが、スギの仲間ではない。マツの仲間の針葉樹だ。

大量の化学物質の爆発で、30万市民の住居が奪われたニュースの映像を見るにつけ、レバノンで出会った人たちのあの笑顔が一日も早くに戻ってくるようにと祈るばかりだ。

|

« 不安 | トップページ | 付言事項 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不安 | トップページ | 付言事項 »