« 相続実務士 | トップページ | 終戦記念日 »

雷のあと

Img_3611_20200814083701

昨日の午後、急に外が暗くなり、突然に遠くから雷鳴が聞こえてきた。朝から太陽が空から降ってくるように強く照り付け、昼頃には気温が37度になった。

都税事務所に「遺言公正証書作成」の資料として固定資産税評価証明書の取得のために、田原町にある台東都税事務所に出向いた。都税事務所は、私が1978年から1993年まで住んでいたマンションの隣にある。3人の子供達が通った田原町小学校もすぐ近くにある。子供達が小学生だった頃には、学童保育がなかったので、子供達は学校から帰ってくるとあっちこっちお友達のお家に遊びに行っていた。時々夕ご飯もご馳走になっていた。お礼を言いに一件のお宅に伺った。玄関先でご挨拶だけのつもりだったのが、お茶とお菓子までご馳走になってしまった。それぞれの子供達はすっかりおじさんになり、ママ友はいつの間にかババ友になった。お互いにひ孫の顔を見るまでは元気でいたいものだ。

帰りは浅草郵便局に寄り、消費税を納付してきた。70歳になっても税金が払えるのは有難いことだ。丈夫な身体に生んで働くことが好きな人間に育ててくれた両親に感謝あるのみだ。

事務所に戻ってくると、2年前から私の事務所で、私の仕事をサポートしてくれている私の年の離れた妹のような補助者が、「麻子先生、お疲れ様です]と、冷蔵庫から冷たいお茶を出してくれた。「有難うございます、いただきます」彼女のおかげで、仕事の幅が広がって仕事が楽しくてならない。その直後に、外から雷様が。雷様が去った後には、この世のものとも思えないような夕陽が御徒町駅のホームから見られた。

 

|

« 相続実務士 | トップページ | 終戦記念日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相続実務士 | トップページ | 終戦記念日 »