« こころの相続その2 | トップページ | 遺産分割前の被相続人の預貯金の払戻し »

次男の誕生日

Img_3636

炎天水がほしいよ桔梗かな。桔梗は、秋の七草のひとつだ。もうすぐ秋だ。

今日は8月31日次男の誕生日だ。次男は、1981年8月31日に生まれた。長女と長男は、三井記念病院で生んだので、次男の時も三井記念病院で、生みたかったのだが、三井記念病院の医師から「阿部さんはきわめて健康です。当病院は、少々難しい状態になっているかたのための病院ですので、お住まいの近くの産婦人科の個人の先生を紹介しますので、そこで産んで下さい。とのことだったので、浅草のど真ん中の産院に予定日を過ぎてから、しっかりと仕事をしてから29日の夕方入院した。30日になっても陣痛がこない。外からはサンバのあのリズムが聞こえてきた。先生に「サンバを見に行ってもいいですか?」「どうぞ!なんなら踊ってきてください」雷門前で、サンバ見物。

1981年8月31日浅草のサンバカーニバルが開催された。当時私が尊敬していた税理士の内山先生が台東区の区長さんになられた時に、台東区(上野、浅草)の活性化をしたい、私たちが若かった時のあの浅草を取り戻したい、との思いを語られた。当時の台東区の青年会議所のメンバーが、「浅草でサンバをやってみませんか!」との一言で、内山区長さんの柔らかい頭が動いたのだ。約40年前に、若者の提案を受け入れて、サンバカニーバルを企画実行した。お腹の息子とあの強烈なリズムで踊るブラジルからきた踊り子さんの腰回りをみて、気が付くと一緒に動かしていた。産気づいた!

大きいスイカのようなおなかを抱えて、産婦人科医院に戻った私は、約3300グラムの男の子を産み落とした。39年後、その息子が3人の男の子たちの父親になっている。男の子達はサッカーチームに入っている。将来はブラジルにサッカール留学か、はたまたスペインか。スペインだったら孫娘のソフィアがいるし、、、真夏の夜の夢はどんどん膨らむ。

 

|

« こころの相続その2 | トップページ | 遺産分割前の被相続人の預貯金の払戻し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こころの相続その2 | トップページ | 遺産分割前の被相続人の預貯金の払戻し »