« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

次男の誕生日

Img_3636

炎天水がほしいよ桔梗かな。桔梗は、秋の七草のひとつだ。もうすぐ秋だ。

今日は8月31日次男の誕生日だ。次男は、1981年8月31日に生まれた。長女と長男は、三井記念病院で生んだので、次男の時も三井記念病院で、生みたかったのだが、三井記念病院の医師から「阿部さんはきわめて健康です。当病院は、少々難しい状態になっているかたのための病院ですので、お住まいの近くの産婦人科の個人の先生を紹介しますので、そこで産んで下さい。とのことだったので、浅草のど真ん中の産院に予定日を過ぎてから、しっかりと仕事をしてから29日の夕方入院した。30日になっても陣痛がこない。外からはサンバのあのリズムが聞こえてきた。先生に「サンバを見に行ってもいいですか?」「どうぞ!なんなら踊ってきてください」雷門前で、サンバ見物。

1981年8月31日浅草のサンバカーニバルが開催された。当時私が尊敬していた税理士の内山先生が台東区の区長さんになられた時に、台東区(上野、浅草)の活性化をしたい、私たちが若かった時のあの浅草を取り戻したい、との思いを語られた。当時の台東区の青年会議所のメンバーが、「浅草でサンバをやってみませんか!」との一言で、内山区長さんの柔らかい頭が動いたのだ。約40年前に、若者の提案を受け入れて、サンバカニーバルを企画実行した。お腹の息子とあの強烈なリズムで踊るブラジルからきた踊り子さんの腰回りをみて、気が付くと一緒に動かしていた。産気づいた!

大きいスイカのようなおなかを抱えて、産婦人科医院に戻った私は、約3300グラムの男の子を産み落とした。39年後、その息子が3人の男の子たちの父親になっている。男の子達はサッカーチームに入っている。将来はブラジルにサッカール留学か、はたまたスペインか。スペインだったら孫娘のソフィアがいるし、、、真夏の夜の夢はどんどん膨らむ。

 

| | コメント (0)

こころの相続その2

Img_2988_20200830200701

8月30日、安部首相が辞意を表明された。持病が悪化されてこれ以上日本国のリーダーとしての職責を全うできないからだとのこと。お疲れ様でした。ご病気の治療に専念されてください。

今日は8月最後の日曜日だ。朝から青空が広がっている。駒沢のアトリエに掃除にでかけた。窓を全開して生暖かい風を部屋いっぱいに。タオルを首に巻いて、床拭きと作品を丁寧に拭いた。駒沢の私のアトリエにある男性の像のレプリカの一体は、東北大学のキャンパス内にある。モデルは、大学でラグビーの選手をしており大学卒業後に病に倒れて、若くして亡くなったとのこと。この像は、仙台の山で、登山の合宿中に事故で亡くなった学生の霊を慰めるたにつくられた。遭難した山の岩が台座となっている。

以前に、私の大好き友人がアトリエに来てくれた時に、この作品の前で手を合わせていた。初恋の人のように思えたらしい。彼もまた若くして亡くなってしまったのだ。鍛え上げられた身体と俯いているもの哀しい表情に、人の世の無常を思う。義父が亡くなった後にかつて嫁だった私が、作品の管理を任された。正直いって私には重荷だった。重いブロンズ作品を管理するために床を補強してと、思いのほかにお金もかかった。「なんで私がやらなければならないの?」と。

玉のような汗をかきながら、作品を拭いていると、義父の作品から「ありがとう~!」の声が聞こえてきたような、なぜか汗と一緒に泪が。こころについていた垢が泪で流れているような、、、あっ、これが、「こころの相続」なのかもしれない。

 

 

| | コメント (0)

こころの相続

Img_3630_20200827081101

8月も残すところあと5日だ。厳しい残暑で百日紅の赤い色も少々水分不足と熱射で赤茶けてきている。8月はコロナで、一日も事務所をお休みすることなく仕事に励むことができた。22歳でこの仕事を始めてから54年の間で、一番かもしれない、こんなに充実して仕事ができたのは。

五木寛之氏がいわれるように人生を山登りにたとえると、年齢的には私はまさに下山をする時期に入っている。が、私はまだ頂上にたどり着いていない。頂上はあるのだろうか、もしかして、、、

さて、このところ相続についての相談が多くなった。五木寛之氏が最近お書きになった本によると「日本人の話題の中心となっているのは『相続』。相続とは財産だけではない。人との挨拶のしかた、お礼の言い方、口癖など驚くほど沢山のものを私たちは相続している。『親や社会から何を相続してきたか、こども世代に何を相続させるのか』相続させる親と、それを受け取る子の心構えとは?私たちはご先祖様からものやお金以外に「こころを相続」しているのだ。

ところで、「こころ」ってなんなんだろう?相続は人生で最も「こころ」が動く場面であるといわれている。こころは目に見えない。具体的に相続の話し合いになると、相続財産は具体的に、お金で表示される。となるので、お金でこころが動き出す。相続で仲良しだった兄弟の間で骨肉の争いになることもよくあることだ。相続が争族にならないようにするには対策が必要かもしれない。

 

| | コメント (0)

付言事項その2

Img_3619

今日は、朝の8時頃に大雨が降ってぃた。午後にはお日様が出てきたので、中目黒公園にでかけた。公園の生垣には素敵な深みのある紫花が咲いていた。Img_3617 

約三メートルの先には薄紫の花も咲いていた。夏にはたくさんの花が咲く。特に生垣に咲いている花は、生垣をお世話してくれている人達のおかげで、こうして散歩のたびに楽しませてもらえる。この夏の花を咲かせるために、冬の間はしっかりと根を伸ばして、寒さをこらえていてくれたのだ。ありがたいことだ。

さて、「付言事項」には法律的な効果はないが、遺言書を作成するに至った動機、このような相続内容にしたかの理由、背景、相続人への思いなどを書き綴ることができる。

遺言書に書かれた内容で、相続人の次男の相続財産が極端に少なかったとしたら、「なぜ自分はこれだけの財産しかおやじは俺に残してくれなかったのか、おやじは、俺のことを愛していなかったのかもしれない」。

このような疑問が出ることは当然。そこで、お父さんは、妻には「今まで、わがままな俺を支えてくれてありがとう。苦労をかけました。住み慣れた家と、これからの生活費として現金と預貯金を残します。長男には、「嫁と二人でよく仕えてくれました。私の介護をしてもらい大変感謝しています」。次男には、これからお母さんと一緒に住んでお母さんの老後の世話をしてくれるお兄ちゃんには、お世話代として、君より多めに財産を残します。」

最後に「いままでのように兄弟仲良く、お母さんの残された人生を支えてください。欲を言えばきりがありませんが、君たちが家族でいてくれたおかげで、それなりに楽しい人生でした。ありがとう~!」なんちゃって、、、(笑い)

| | コメント (0)

付言事項

Img_3628

青空にノウゼンカズラ咲き誇り

遺言書保管所で、受付から終了まで約2時間かかった。遺言の保管証明書を受領。その帰り街路樹のノウゼンカズラが青空のなか眩しい太陽に向かって咲き乱れていた。

ところで、遺言書にはどんなことでも書いていいのだろうか。もちろん何を書いてもいい。遺言書には、遺産の処分(誰にどの不動産をやるか、どこの団体に寄付するか)などのこと以外に「言い残したいこと」を、書くことを「付言事項」という。遺言書の全文でも後文でもどちらでも良い。が、一般的には、全文で、遺産の分け方を書いて、そのあとに添え書きとして書かれる。

そもそも遺言書は、遺産を残したい人に相続させたいために、さらに遺産争いをしてほしくために書くのであるから、「遺産分け」した理由を書いておいた方が好ましい。

遺産の分け方のみを書いてある遺言であると、内容に不満のある相続人が出てきてしまうことが往々にしてある。「遺留分」のことを念頭に入れて書いていても、すべて公平に等分に遺産を分けることは至難の業だ。特に不動産が遺産の多くを占めている場合は揉めるケースがある。たとえば、「都心の一等地を長男に、北海道の山林を次男に相続させる」との、遺言だと、次男の嫁からはなんで、兄弟でこんなに差があるの?と、いうことになる。

そこで、遺言者は、どうしてこのような遺産分けをしたのか、その理由を書いておくと、「ああそうなのか」と、しぶしぶと納得してくれるかもしれない。が、それでも、揉めるときは揉める。

 

| | コメント (0)

レバノン杉

P61021021_20200820082901

今日は8月20日、孫たちの短い夏休みが終lわった。孫たちと過ごした夏休みのことを思い出している。今年は孫たちのも会えないし旅行にも行けない。仕方がないコロナだから。

Img_3604

「不要不急の外出はしないでください」特に高齢者は。ということなので、朝7時30分には事務所にきて、夕方は19時30分には家に帰る、という日々を送っている。おかげで、規則正しい生活ができている。加えて、いままで溜まっていた書類、手紙、写真等の整理ができている。特に60歳からの10年間に出かけたところの写真をみていると、「いろいろなところに行けてよかった」有難い。

私の事務所には、レバノン杉で作った置物がある。阿部正基作品のとなりにおいている。P61020841_20200820084702

このレバノン杉で作られたお土産品は、素敵なレバノンの母娘のお店で購入した。お土産のレバノン杉は、レバノン国旗中央のレバノン杉と同じ姿をしている。レバノン杉は聖書によく登場する。「麗しき枝、丈が高く頂は雲の中にある……その枝葉の空のすべての鳥が、巣をゆくり、その枝の下に野のすべての獣は子を産み、その陰にもろもろの国民は住む」

P61021381_20200821081501

還暦を過ぎて出会った旅友の出会いに感謝。この林の中にいた時に感動した香りを思い出している。すばらしい香りを放つレバノン杉は、古代の神殿の内装材として使われていたとのこと。因みに、レバノン杉はスギと名前がついているが、スギの仲間ではない。マツの仲間の針葉樹だ。

大量の化学物質の爆発で、30万市民の住居が奪われたニュースの映像を見るにつけ、レバノンで出会った人たちのあの笑顔が一日も早くに戻ってくるようにと祈るばかりだ。

| | コメント (0)

不安

Img_2705-1

8月19日、上野公証人役場に「死因贈与公正証書」の作成のために出かけた。途中には、とある教会の掲示板に「不安」と書かれた書が張られていた。

だれも不安のない人はいない、不安のあるのが当たり前である。不安がないことが不思議である。不安だから心配だからなんとかそこからのがれたいから、祈りもし努力もしがんばるのだ。不安をかかえながら前を向いてあゆみ、不安を乗り越えようとするところに、よろこびと人間を支えていく力が生まれる。神様に不安な心を語り不安な思いを聞いてもらおう。

天のお父様!コロナに感染しませんように、私をお守りください。明日も朝早く起きられますように。

因みに不安の反対語は「安心」。安心とは、気にかかることがなく、心が安らかなこと。不安な心から喜びと力が湧いてくる、ということだとすると、不安な心もあったほうがいいのかも。でも、安心のほうがいいな~!

| | コメント (0)

自筆証書遺言書保管制度その3

Img_3614_20200818203901

今日は8月18日、朝から危険な暑さだった。朝、事務所に行く前に隣のマンションのお庭に立ち寄った。芙蓉の花が咲いていた。Img_3613-1

なかよしこよしで、いいなぁ~~!

今日の午前中は、令和2年7月10日から始まったばかりの「自筆証書遺言書保管制度」を利用するために、東京法務局に出かけた。今までの自筆証書遺言は、自書さえできれば遺言者本人のみで作成できるので、お手軽で無料だ。が、遺言者本人が死亡後、相続人に発見されなかったり、破棄されたり、改ざん等がされることがあった。加えて、家庭裁判所の申し立てをして「検認」の手続きをしなければならない。少々面倒な面がある。そこで、解消策としてこの制度がつくられた。

千代田区の九段下にある庁舎の8階に「遺言書保管所」がある。予約が必要で、「遺言書の保管申請書」を事前に作成して、手数料として3900円の印紙を用意する。

汗をふきふき8階のエレベータホールから一番奥にある「保管所」に着いたときには、汗びっしょり。まずは水分補給せねば。

 

| | コメント (0)

終戦記念日

Img_2993-3

8月15日終戦記念日だった。駒沢にある私のアトリエにて、相談をうけた。観音様に囲まれての「相続のこと」の相談は、「あまりむりしないで、休む休みぼちぼちいきましょう~!」と、いった気持ちになれる。

アトリエのベランダに、セミがおなかを空に向けて大に字に。「もしかして、死んでいるのかな、セミの葬式はどうするんだろう!」なんて、思っていると、セミが目を覚まして、飛んでいってしまった。セミも昼寝をしていたのだ。

私の一番上の兄は昭和13年8月15日に生まれた。次兄は昭和16年3月16日に生まれた。長兄の満7歳の誕生日が終戦記念日だ。姉は、昭和20年2月8日生まれだから、8引く2は、やっと6か月になった時だ。姉が今年で75歳になったから、今年の終戦記念日は75年目だ。次兄が66歳で亡くなり、長兄は75歳で亡くなっている。ところで、10日に渡哲也さんがお亡くなりになった。渡さん兄弟は俳優で職業が同じだ。私の亡くなった兄たちも同じ職業の一級建築士だった。10日にお亡くなりになった渡哲也さんが、弟の恒彦さんが72歳でお亡くなりになったときに「弟がなくなったことは大きな悲しみだった。『この喪失感』は言葉になりません。辛さがつのるばかりです」と、お話になられていた。長兄は次兄が亡なったときは、どんな気持ちだったのだろう。「人は必ず死ぬ、いつ死ぬかわからない」。戦争中に、私の孫たちと同じ年ごろの兄姉は、どのような日々を過ごしていたのだろうか。亡き兄たちを偲んで、ひとりビールを飲む。今日も美味しくビールが飲める。ありがたいことだ。

Img_2068_20200818061801

相談後、駒澤大学前から半蔵門線にて渋谷まででて、JR線で、目黒駅に帰ってきた。iPadの歩数をチエックしたら、歩数6782歩。アトレの5階にある書店によった。雑誌のクロワッサンと、五木寛之氏の「こころの相続」を購入した。階段を使って5階に上がり1階に降りて、歩数をチェックしたら7899歩。もう少しうろうろすれば、一万歩になるが、、、ほどほどにしておこう。

| | コメント (0)

雷のあと

Img_3611_20200814083701

昨日の午後、急に外が暗くなり、突然に遠くから雷鳴が聞こえてきた。朝から太陽が空から降ってくるように強く照り付け、昼頃には気温が37度になった。

都税事務所に「遺言公正証書作成」の資料として固定資産税評価証明書の取得のために、田原町にある台東都税事務所に出向いた。都税事務所は、私が1978年から1993年まで住んでいたマンションの隣にある。3人の子供達が通った田原町小学校もすぐ近くにある。子供達が小学生だった頃には、学童保育がなかったので、子供達は学校から帰ってくるとあっちこっちお友達のお家に遊びに行っていた。時々夕ご飯もご馳走になっていた。お礼を言いに一件のお宅に伺った。玄関先でご挨拶だけのつもりだったのが、お茶とお菓子までご馳走になってしまった。それぞれの子供達はすっかりおじさんになり、ママ友はいつの間にかババ友になった。お互いにひ孫の顔を見るまでは元気でいたいものだ。

帰りは浅草郵便局に寄り、消費税を納付してきた。70歳になっても税金が払えるのは有難いことだ。丈夫な身体に生んで働くことが好きな人間に育ててくれた両親に感謝あるのみだ。

事務所に戻ってくると、2年前から私の事務所で、私の仕事をサポートしてくれている私の年の離れた妹のような補助者が、「麻子先生、お疲れ様です]と、冷蔵庫から冷たいお茶を出してくれた。「有難うございます、いただきます」彼女のおかげで、仕事の幅が広がって仕事が楽しくてならない。その直後に、外から雷様が。雷様が去った後には、この世のものとも思えないような夕陽が御徒町駅のホームから見られた。

 

| | コメント (0)

相続実務士

Img_3594

「相続実務士」という資格ができた。「相談で課題を整理、見える化、わかる化して提案解決、対策をサポートする実務家」だそうだ。2020年5月に第1回養成講座を開始し、創設したばかりの資格制度だ。

理想的な相続を目指して、お客様の感情面、経済面からそれぞれの事情に合わせた相続の物語をつくり、その実現のために必要となる知識やスキルをもった人達をまとめるのという大変な役割をもつ士業らしい。このコロナ過のなかで、アフターコロナを見据えてしっかりと働いている人がいる。見習いたいものだ。

ところで、あの黒柳徹子さんが「遺言作成に意欲『10億円遺産』の行方は弟妹かそれとも、、、」とがネット情報にあった。そこには、「『相続実務士」の曽根恵子さんによれば、」との、書き出しで、相続のことが解説されていた。私は、以前にある不動産会社が開催する相続セミナーに参加したことがある。その時の講師が曽根恵子氏だった。相続に関する本を何冊も出版されたり、テレビにお出になったりと忙しい日々を過ごされてるとのことを話されていた。煩悩の薄くない私は、「うらやましい!」と思った。

創設されたばかりに資格制度を運用するのは、株式会社夢相続で、相続実務協会の事務局の母体だ。一般社団法人相続実務協会が主催する養成講座を受講すれば、「相続実務士」の資格はいただけるのだろうか?

今日は8月13日、旧盆だ。田舎には帰れないので、父と母のお位牌(私が友人の仏壇やさんにお願いして作った)の前に、ぼた餅は母に、ビールは父に供えて、墓参りに行ったつもりにする。

 

 

| | コメント (0)

資産15億円相続

Img_3507

「お金があっても心は満たされない」

今日は山の日で3連休だ。「ステイホーム」で、先月購入した雑誌を整理をした。「相続の特集」の中に、「養子縁組で資産15億円を相続。今、一番ほしいのは、『家族』です。」

家族のいないばあちゃんが、友達の孫と養子縁組をして資産15億円を残して死亡した。相続税は4億5000万円。若者は相続後はお金に翻弄されて辛い時期を経て、今は落ち着かれている。しかし、お金があっても心は満たされないという。

411

彼が一番ほしいには「家族」。お金はなくとも孫がいてくれるから私は幸せなのかな。相田みつを先生の日めくりカレンダー「幸せはじぶんのこころがきめるもの」。

60歳過ぎてから夏休みは孫娘といろいろなところに旅をしていた。今年の夏はどこにも行けない。旅日記を見て楽しかった夏休みを思い出して楽しんでいる。「幸せだな~!」。

 

 

| | コメント (0)

ベイルートの大惨事

G6bzudmg1_20200818202101

レバノンの首都ベイルートで大爆発が起きた。157人の死者、5000人以上の負傷者が出ている。(うち1名は日本人)不適切に管理されていた大量の硝酸アンモニウムに引火したことが原因らしい。硝酸アンモニウムは、鉱山などでが使われる爆薬の原料として使われる化学物質だ。

湾岸倉庫には2750トンの硝酸アンモニウムが安全対策が不十分なまま6年にわたり保管されていた。爆発の威力は凄まじく200キロメートル離れたキプロス島でも感じられたほどだったようだ。

私は2012年にユネスコ世界遺 産が5件も登録されているレバノンに行った。中東の夏はカラッとしていて冬は温暖で、春には花々が咲き乱れ、冬にはレバノン山脈の山々が雪に覆われる。

79991aeq7qbzfcfyrvmd5a1jc_lrg1_20200809210701

日本と同じ四季折々の景色豊かな国だ。ベイルートは「中東のパリ」と呼ばれている。第一次世界大戦でオスマン帝国が敗戦するとその支配下にあったレバノンはフランスに統治された。そのためフランス文化の影響が強く洗練された雰囲気を感じた。昨年の暮れにゴーンさんが、莫大な費用をかけて日本を脱出したニュースを聞いたときは、「いずれ死ぬんだから早いうちにレバノンに帰れて良かった」と、思ってしまった。

レバノンの世界遺産の遺跡で見かけた男性が私の好みのイケメン君だったので、思わず声をかけてしまった。「あの~、すみません!写真をとらせて下さい!」(もちろん、英語で)「いいですよ!」そのイケメン君は、多分「西洋人と東洋人とのダブル」だ。中肉中背の端正な顔立ちで、ゴーンさんとは大違いだった。「私って、なんでイケメンが好きなんだろう」

80418v7lfkzlgrpqvktkld24g_lrg1

コロナがあけたら、死ぬ前にもう一度行ってみたい。ベイルートの人々に穏やかな生活がもどることを祈るのみだ。

17262e3b0c44298fc1c149afbf1_20200810044101

36716ls9huvk0jxa9nf9aq5qb_lrg1_20200818202201

| | コメント (0)

土井晩翠像

Tsuchii_bansui_cropped

8月7日、孫達は例年より短い夏休みに入った。今日は本格的な夏日になりますとの天気予報があったので、駒沢駅近くにある私のアトリエに行って、玄関からトイレの窓からベランダの扉から夏の風を目いっぱいに部屋に入れ込んだ。

Img_3578

私のアトリエの壁には、阿部正基が同じ仙台の出身ということで土井晩翠像を作成した際に、土井晩翠先生からいただいたの自筆の色紙を飾っている。

Poetic_tablet_of_moonlit_castle_ruins

仙台城には、胸像と並んで『荒城の月』の歌碑がある。昭和27年行われた除幕式に出席された晩翠先生は、「身にあまるほまれをうけてただなみだ感謝をささぐ一切の恩」と読みその場で号泣したという。

「春高楼の花の宴めぐる盃かげさして 千代の松が枝わけいでし昔の光いまいずこ  天上影は替わらねど 栄枯は移る世の姿写さんとてか今もな 鳴呼荒城のよわの月」生暖かい夏日の風が、義父に可愛がってもらった思い出を運んできてくれた。暑い夏もいいもんだ。

| | コメント (0)

遺留分の計算

Img_3592

8月6日今日の昼の気温は約33度。マスクをして帽子を被って、熱中症にかからないように水の入った水筒をリックに入れて、午前中は小伝馬町まで根抵当権設定登記の受託のために出かけた。午後は区役所に相続登記のために戸籍謄本を取得するために出かけた。上野駅の浅草口から稲荷町に行くまでの通りの街路樹には、花の名前はわからないが、きれいな花が咲いていた。

Img_3591_20200806204301

遺留分の続きは、算定についてである。お父さんが死亡した時に、お父さんの遺産は800万円あった、幸いにして負債はなかった。お父さんは、昔、大変お世話になった甲さんに500万円を遺贈し、死の3か月前に昔の彼女の乙さんに500万円を贈与し、調子に乗って、死の6か月前にはとこの丙さんに500万円贈与していた。お父さんの相続人は配偶者のであるお母さんのみだ。お母さんは誰に対していくらの遺留分侵害額を請求することができるか。

贈与は、相続開始前の1年間にしたものに限り、遺留分を算定するための財産の価額の計算に算入する。ここで、遺留分を計算してみる。遺留分を算定するための財産の価額

800万円+500万円(乙への贈与)+500万円(丙への贈与)-0(負債)=1800万円。お母さんの法定相続分は、1800万円の2分の1の900万円だ。お父さんの死亡時の財産は800万円があったので、甲に遺贈された500万円を差し引いても300万円がお母さんの手元に残る。

遺留分侵害額の負担については、その順序は法律で決められている。1、遺贈(死因贈与があればそれと同順位)2、後も贈与(死に近いほう)3、前の贈与(死に遠いほう)となっている。

900万円から300万円を差し引いた600万円についてお母さんは、甲(受遺者)にたいして500万円、乙(死にちかいほうの受遺者にたいして100万円を「遺留分侵害額」を請求することができるということになる。ということは、甲は500万円が0円に、乙は500万円が400万円に、丙は500万円はそのまま500万円となる。生きているうちに、それも早めに貰っていた人は運がよかったことになる。032 どうせお金をあげるのなら、死んでからあげるより生きているうちにあげたほうが、いいかもしれない。

| | コメント (0)

寄与分その3

Welcome-scan

あの時、兄が「わかった、そうだね、ところでいくら?」と言ってくれたら、どのように計算しただろうか。そこで、俄か勉強をした。

①寄与分が家事従事型の場合

姉が母親の家業を手伝っていた場合、本来受け取るべき給与額が寄与分となる。ただし、姉が母親と同居しており、姉の生活費の負担が軽減されていた場合はその分を控除する。

②寄与分が金銭等出資型の場合

姉が母親に贈与していた金額ずばりその金額が寄与分となる。ただし、50年前と今では貨幣価値が違うからそのあたりの事情を考慮して決まる。簡単なようで、なかなか難しい。本当に贈与または貸付たか、契約書等はあるのか。

③寄与分が療養看護型の場合

姉が、母親の介護をヘルパーさんに依頼していたとしたら、ヘルパーさんに支払うはずの費用が、寄与分となる。

④寄与分が扶養型の場合

姉が、通常考える扶養の範囲を超えて生活費を負担していた場合は、負担した扶養額から姉の法定相続分を引いた金額が寄与分となる。

⑤寄与分が財産管理型の場合

姉が、不動産の売却手続きや管理を母親の代わりに行った場合、プロの不動産やさんに委任した際に係る費用が寄与分となる。

結構、大変な作業なんだ!色々調べて、計算しているうちに、疲れてきた。法律では、相続人のなかに財産維持に貢献した人は、貢献度に応じてもらえる遺産が増額される。とあるが、貢献度っていっても人によって温度差があるのでは。難しい。

| | コメント (0)

寄与分その2

Img_3587-2

昨日は、上野公証役場に「公正証書遺言書」作成依頼のために事前の打ち合わせに行ってきた。帰りの道路脇にはピンクの芙蓉が咲いていた。白の芙蓉も良いけれどピンクの芙蓉は若さを感じる。

さて、寄与分についてだが、ものの本によると、話し相手になったり、散歩に連れていったり、病院に付き添ったり等の身の回りの世話などは、「当然でしょう~!」の世界らしい。なんてたって、法律で「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある」から。

私の場合は、姉が母親の介護をしてくれた。私は兄に「お姉ちゃんには、寄与分を請求する権利があるから、」と、言ったところ、兄嫁から「寄与分なんて認めませんよ。」と、即「却下」された。今思うと、なんであの時「では、出るところにでましょう~!」と、言えなかったのか。

ひと様には、「相続の話し合いは相続人のみで、それぞれの配偶者は席を外したもらいまし~!」と、伝えているのに。自分がその場にたったら、「お義姉さんは、相続人ではありませんので口をださないでください」とは、言えなかった。相田みつを氏の「にんげんだもの、その場にならないとわからない」身にしみる。

両親が亡くなり遺産を受け継いだ兄もなくなり、実家は兄嫁のものになった。私と姉は実家にはいかなくなった。両親が私と姉に残してくれた財産は、「ものに執着しない心と丈夫な身体」かもしれない。

Img_2109

70歳を過ぎた姉妹は、時々一緒に旅をしている。ありがたいことだ。

Img_2093-1

| | コメント (0)

寄与分とは

Img_3427

線路わき太陽のなかカンナ燃ゆ

久しぶりにわかりやすい相続法解説の本を書棚から引っ張りだして、ページをペラペラとめくっていたら「寄与分とは」が目に入ってきたので、勉強することにした。

寄与分とは、相続人の中に被相続人の財産維持に貢献した者がいた場合に、なにをしたから遺産が残ったのか、その貢献度に応じて遺産を受けとれる制度である。

では、なにをしたから、寄与分が認められるのか。次の要件がクリアできないと、寄与分の請求は難しい。① 家事従事型 ② 金銭出資型 ③ 療養看護型 ④ 扶養型 ⑤ 財産管理型があげられる。

①家事従事型は、故人の事業を手伝って財産を増やして、無償または少ない給与しか受け取っていない場合。

②金銭出資型は、故人が老人ホームに入居する際の費用を負担していたり、故人の借金を弁済していたりした場合。

③療養看護型は、故人の介護を長期間にわたって仕事もやめて専念してした場合。

④扶養型は、故人の生活費を負担していた場合。

⑤財産管理型は、故人の不動産を売却する際、故人に代わって手続きをしたり、入居者との立ち退き交渉にあたったりして場合。

世の中には、「子供が親の面倒を見るのは当たり前でしょう」と、いう人が多い。私の体験だと、親の面倒を見ていないからそのようなことが言えるのだ。私が成年後見人の仕事をして感じたことのひとつに、「在宅での介護をしている家族の大変さ」がある。高齢になり身体が思うように動かなくなると、いろいろなところに不具合が生じてくる。介護するほうも更年期障害等が加わって疲れがでてくる。

いままでの日本人は、「夫婦、親子、兄弟姉妹は、お互いが支えあってくらしましょう~!」というものだった。あえて法律で規定されている。「民法第7章扶養第877条(扶養義務者)直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある。」

 

 

 

| | コメント (0)

遺留分とは

Img_3575

8月1日、梅雨明け宣言があったので、午後に目黒から羽田空港経由で、海ほたる下の湾岸道路を通って千葉県富津市に夕日を見に行ってきた。かなやの魚師料理をいただいた後に、

Img_3572-1

「天然温泉海辺の湯」の露天風呂から日暮れ時に夕日を堪能した。

ずーっと気になっていた「遺留分」について、基本から学ぶ直すことにする。遺留分とは、一定の相続人に必ず留保される遺産の一定割合のことをいう。「遺留分のある相続人は、1、配偶者 2、直系卑属 3、直系尊属である。遺留分は、各相続人の法定相続人の2分の1だ。が、直系尊属のみが相続人である場合は、3分の1となる。」(民法1042条1項・2項)この制度が作られた背景には、残された相続人の生活保障や、被相続人と一緒に財産を形成した相続人に対しての清算するという側面もある。それゆえに、子供がいない場合のみ、つまり配偶者と親が残された場合には、直系尊属にも遺留分がある。

以前の遺留分の話が頓挫してしまった理由は、遺産の金額が多すぎてしまったので、具体的に計算ができなくなったきたからだ。そこで、同じような轍を踏まないために。今回は、「お父さんの遺産の価格は1500万円、負債が500万円あった(贈与した財産はない)お母さんと長男と長女が相続人だ。1、それぞれの遺留分はいくらか。

(民法1043条1項)遺留分を算定するための財産の価格は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価格にその贈与した財産の価格をっ加えた額から債務の全額を控除した額だ。債務が500万円あったから遺留分の基礎となる額は、1000万円。お母さんの遺留分は4分の1だから250万円、長男長女はそれぞれに125万円ずつとなる。長女が遺留分の125万円を放棄したとしたら、どうなるのだろうか。長男の遺留分が増えるのだろうか。

答えは「増えない」。遺留分は、各相続人の固有のものであるので、他の相続人が放棄しても増えることはないからだ。因みに相続開始前遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可がなければできない。(1049条1項)相続開始後は自由に放棄ができる。

 

 

 

| | コメント (0)

梅雨があけた

Img_3566-3

待ちに待った梅雨があけた。朝起きてベランダの窓を開けると、セミにの鳴き声が聞こえてきた。やっと夏がきた。長い間ご無沙汰をしている整骨院に行ってきた帰りの隣のマンションの庭には、日差しのなか白い芙蓉の花が咲いていた。花言葉は「淑やか(しとやか)な美人、繊細な美」だそうだ。

辞書で調べてみると、「淑やかは、身の立ち振る舞いや話し方が落ち着いていて上品なさま。」じっくりと見ていると確かに気品が漂ってくる。上皇后様のあの上品なお姿が目に浮かんだ。

Img_3503_20200802065601

私の住まいの近くには、2004年に開園された「ねむ木の庭」がある。上皇后美智子さまの生家であられた正田家の邸宅の跡地に作られた公園だ。

Img_3501

ヤマボウシの大きな木の脇には、上皇后様が読まれた短歌のプレートがある。「やまぼうしの一木おほひて白き花 咲き満ちしとき母逝き給う」。ヤマボウシの木を見上げると、白い花が、見えた、ような、、、汗と涙でよく見えない。Img_3502

「咲き満ちしとき」に天国に旅立たれた素敵なお母さまは、上皇后様を皇室に嫁がされるときは、どのようなお気持ちだったのだろうか。

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »