« 梅雨明け | トップページ | 朝顔 »

話すことの大切さ

Img_3495-2

可憐なるシシトウの花下向いて

Img_3496

土の近くには、シシトウが二本も実っていた。今晩は、シシトウを使ってなにを息子に作ってもらおうかな。Img_3540

三浦春馬さんは、なぜ「死を選んでしまったのだろうか」。死の背景に何があったのだろうか?母親との関係がうまくいっていなかったのだろうか?辛い気持ちを誰かに話すことはなかったのだろうか、等々、「高齢者は不要不急の外出は控えてください」とのことで、のんびり、まったりと過ごしている。三浦さんのことをあれこれ思っている。

「自分の気持ちを他人に話す」。日本の男性には難しいことなのかもしれない。「辛い、悲しい、悔しい、情けない」喜怒哀楽の感情をだして、誰かが、「うんうんわかる、辛いよね~!悲しいようね~!悔しいよね~!情けないよね~!」って、言ってくれたら、人は、自ら命を絶つようなことはしないかもしれない。

ひとりで耐えることができないようだったら、誰かに話してみよう!「話すことは大切」なんだよね。とは、言っても、話す相手は誰でもと、いうわけにはいかない。

 

 

|

« 梅雨明け | トップページ | 朝顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け | トップページ | 朝顔 »