« 干天の慈雨 | トップページ | 雨の日には »

ポインセチア

Img_3095

5月20日、いつもより早く事務所にきた。今朝は肌寒い。事務所に着くと、私はまず鉢植えの植木に水やりをする。ポインセチア、ブーゲンビリア、三年前の12月に知り合いの花やさんから購入したときは、「ポインセチア燃えたつ部屋にひとりをり」(小室都美子)だった。が、あれから3年、今では、花は咲かないが、枯れずにいてくれている。ブーゲンビリアも新芽が出ている。Img_3094

くちなしはの花は咲いている。日めくりカレンダーをめくる。「やらなければならないことはたくさんあるけれど、今できることは一つだけ時が満つるまでは一歩ずつ」。「あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します」。(マタイの福音書6章34節)心配するなと言われてもね~!「電話もこない、来客もこない、わたしゃこんな状況はいやだ」。今日の曇り空のようにこころがどんより。

が、緊急事態宣言の解除に向けた出口がすこしずつ見えてきている。「朝のこない夜はない」。もう少しの辛抱だ。

 

|

« 干天の慈雨 | トップページ | 雨の日には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干天の慈雨 | トップページ | 雨の日には »