« あざみの歌 | トップページ | ポインセチア »

干天の慈雨

Img_2993_20200519172801

コロナ過の中、政府から支援金が頂けるとのことだ。私の場合は、おいくらいただけますでしょうか。

5月17日の日曜日、前日の土曜日は、ステイホームで、小津安二郎監督の映画を4本観ることができた。日曜日の朝5時には、しっかりと目が覚める。午前中は、短歌、俳句、ニュース、テレビ討論、関口さん司会のあの白鴎大学の岡田先生のコロナの解説等、テレビの前に座ったまま。

コロナ太りになってしもうた!何とかしなければい、ということで、散歩にでることにした。権之助坂を降りて、目黒川を中目黒方面に歩きだした。

「コロナ危機こんな中でも若葉萌え」新録の中歩くこと30分、池尻大橋駅に。そこから田園都市線に乗って駒沢大学駅にある阿部正基作品を展示している私のアトリエに。アトリエには観音様の原型が待っていてくれた。この観音様は、長崎県平戸市生月町の館浦漁港を見下ろす高台に建っている。像髙18メートル、重量15トンの大きさだ。この像は、世界の平和と海難者および魚介類の霊を追悼し、漁船の後悔安全を祈念して、昭和55年に建立された。

支援金が「雀の涙」ではなく「干天の慈雨」になるように観音様にお願しようとしたのだか、、、

 

 

|

« あざみの歌 | トップページ | ポインセチア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あざみの歌 | トップページ | ポインセチア »