« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

気の強さ

スペインのグラナダにいる孫娘からラインに、「今日、私はママと戦った」。私は、「がんばれ~!」孫娘は今年14歳、反抗期まっさかりだ。「彼女は、私の説明を聞いてくれない」「ママはお仕事で疲れているから、なるべくちかよらないほうがいい」「わかった!」

娘から「ソフィア(孫娘の名前)が、私の言うことを全然聞かない」「貴女もそうだったわよ!」「えっ!そうだった!そういえば、、、」娘は、グラナダで、日本食の「レストランテマサエ」を経営している。「子供は親の背中を見て育つ」と言われているが、このところの娘の様子をみていると、昔の人は、実にうまいことをいうものだ、と、感心する。娘が今の孫娘と同じ14歳のころは私は41歳、仕事が楽しくてしかたなかった。あの頃、娘は「私はママのようにはなりたくない、結婚したら専業主婦になって、家にいて子供を大切に育てる」と、言っていた。

ところが、娘は今やスペインのグラナダでレストランテマサエという日本食のお店を経営している。加えて、私と同じで離婚している。娘が、離婚問題で悩んでいたときに私は、娘に「もう少し我慢してもう一人子供を産んでから離婚したら」。「ママ、何言ってるの!そうゆう状況ではないから離婚するわけでしょ!」確かに。娘は、約5年の歳月をかけてスペインの裁判所に提訴して勝訴、離婚できた。その間、娘は、アメリカのロースクルーにて勉強していた弟の励ましと支援をうけたから、頑張れたとのことだ。

今頃になって、娘は、「ママの言うとおり、ソフィアに弟を産んでおけばよかった!」。「大丈夫、ソフィアには、しっかりと気の強さが遺伝しているからひとりで生きていける」。

 

 

 

| | コメント (0)

喪中のお知らせ

今年も残りすくなくなってきてしまった。今年は12月27日が金曜日なので、役所の仕事納めは27日となる。今日が11月27日なので、仕事ができるのは、一か月。このところ、「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます」のはがきが届く。昨日は、「えっえっ、うっそ~!」同級生の家族からのはがきだ。享年69歳。

今朝の電車の中の書籍の広告「死の直前、人が最も後悔する5つのこと」目が釘付けに。今日、私が死ぬとしたら後悔だらけだろうな。私が大好きな女優の木内みどりさんも69歳で宿泊先のホテルで急死した。彼女は、後悔のない人生だったのだろうか?

事務所に着くとすぐにパソコンで、検索した。死の直前で人が後悔したこと1、「自分に正直な人生を生きていればよかった。」2、「働きすぎなければよかった。」3、「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった。」4、「友人と連絡を取り続ければよかった。」5、「幸せをあきらめなかればよかった。」

そういえば、私の母が亡くなるとき、私が言われたことを思い出した。「いい人にならなくてもいい、麻子は麻子でありのままでいい」姪が亡くなるときは、「麻子姉ちゃん!働きすぎないでね!」おかげさまで、今の私は、、、、この調子でいけば後悔は少ないかも!?!?

 

| | コメント (0)

言葉の重み

Img_1925 ゴルフの女子プロの選手の「タオル事件」。ある大臣の「身の丈事件」等、言葉の重みを再確認している。マザーテレサの言葉を思い出した。

思考には気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉には気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動には気を付けなさい、それは性格になるから。性格には気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

銀行や、デパートで最近見かけた風景を思い出した。「早くしなさい!いつまで待たせるの!さっさとしなさい!」若いママさんが子供に言っているのかな~~!昔の私のようだ。そういえば、子供たちにいつも言っていたなぁ~~!

怒鳴っていたのは、なんと、私と同年代のおばあさんだった。言っている相手は、銀行員と店員さんだ。「あっ!このおばあさん!初期の認知症かも、、人のふり見て我がふりなおせ」。今からでも遅くない、思考には気をつけよう~!言葉には気をつけよう~!行動には気をつけよう~!

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »