« イルカと遊ぶには? | トップページ | 読みたいことを書けばいい »

成年後見制度その1

59歳で始めた「なんでも相談室」も10年たった。このところの相談は、成年後見人と相続、熟年離婚が多い。特に、成年後見が多い。平成12年4月に施行された成年後見制度は約20年を迎える。20年といえば、私も離婚しておひとり様になってから20年たってしまった。「10年ひと昔」という言葉がある。20年は、ふた昔になる。振り返ってみると、あっという間だった。

49歳で離婚した私に当時3人の子供たちは、「おひとり様になったんだから、やりたいことやれば!」と言ってくれた。さ~て、なにしよう~~!」同業者で仕事をしながら大学院に通っている友人に、「私も大学院に行ってみたい!」と、伝えたところ、「大学院に行くための予備校があるから紹介するね」ということで、予備校にいくことなった。予備校には、若い人も若くない人も沢山いた。1年後、なんとか私は大学院に行けることになり、研究テーマは、成年後見制度だった。

パソコンを使えなかった私は、2年後、『成年後見制度をめぐる一考察ー制度施行後3年にして見えてきたことー』修士論文をパソコンで書いて、修了した。風のたよりに「修了証書は、入学金と授業料を支払えば、誰でも貰える」。私の大好きな相田みつお氏の日めくりカレンダーに『お金がすべてではないがお金があるとべんりだな~!』そうだね~~!

業務では、約20名の成年後見人になり、10名をお看取り、葬儀、納骨等の死後のお世話をさせていただいた。成年後見制度のおかげで、貴重な体験をさせていただき、加えて報酬もいただいている。お金がたまったら、また大学院に挑戦しようかな!!

|

« イルカと遊ぶには? | トップページ | 読みたいことを書けばいい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルカと遊ぶには? | トップページ | 読みたいことを書けばいい »