« 読みたいことを書けばいい | トップページ | 無駄なことをいっぱいする »

認知症と物忘れの違い

昨日は、事務所で仕事をしているにはもったいないようなさわやかな秋の風に誘われて、ふらふらと上野公園に出かけた。ばったりと田舎の幼馴染に会った。東京都美術館に来たとのこと。去年の10月に群馬の高崎で開かれた同窓会で会っていたので、「ひさしぶりだね~!」「いや、この間会ったじゃない!」「この間って、いつ?」「いつだっけ~!」

幼馴染だからお互いに古希だ。昔だったら、、、ほとんど死んでいる。「最近物忘れがひどくって、これっていよいよきたかな~!」「きたかもね。」「時間ある?」「あるよ!新幹線で帰れば、高崎まで50分だから、どこかで一杯やろうよ!」黄昏時に飲むビールは実に旨い。

ビールを飲みながら、こんな症状はないか聞いてみた。①物の置忘れ②何をしようとしていたか、忘れる③「あれ」「これ」が増える④同じ話を繰り返す⑤言い訳が増える⑥怒りっぽくなる⑦外出を億劫がる⑧趣味に興味がなくなる⑨落ち込みがちになる⑩身なりがだらしなくなる⑪同じものを買ってくる⑫日付と曜日がでてこない

「やばいね~!①から⑤までは大当たり、⑥は、昔より怒らなくなった。⑦から⑫まではまだセーフかな、、、、」「⑥から⑫まではいままでの生活スタイルや性格によって違うよね」

ものの本によると、年齢とともに誰でももの忘れは増えていくが、認知症との大きな違いは、体験したことの一部を忘れるのが『ど忘れ(良性の物忘れ)』。体験したことがすっぽりと抜け落ちるのが『認知症(悪性の物忘れ)』。

お昼になにを食べたか思い出せなくても、ヒントで、「お蕎麦屋さんにいったでしょう?」いわれて「せいろを食べたわね」と、思い出せれば、『ど忘れ』

「良かった!」「ところで、東京都美術館ではどの作品が素晴らしかった?」「マネの最晩年の大作が圧巻だったね~!モネ、ドガ、ゴッホ、ゴーガン、モディリアーニなどのフランス近代絵画の主要作家が勢ぞろいだよ、」「⑦外出を億劫がらないからまだ認知症ではないね!」

|

« 読みたいことを書けばいい | トップページ | 無駄なことをいっぱいする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読みたいことを書けばいい | トップページ | 無駄なことをいっぱいする »