« 紅葉の日光その2 | トップページ | 92歳のパリジェンヌその2 »

92歳のパリジェンヌ

休日には映画を観たり、落語を聞いたりしたら

日曜日の朝、アメリカにいる息子からのメールで目が覚めた。アメリカの次期大統領にトタンプ氏が選任された。「米国は日本、韓国、サウスアラビアなどを防衛するために膨大な負担をしている。適切な対価を受けるべきだ」これから日米同盟が大きな試練をむかえるかも!?

これから、私の住んでいる日本と息子の住んでいるアメリカは、どうなるんだろうね~!どうしたもんじゃろね~!

私が腕組みして考えてもどんなるもんでもないんで、息子のアドバイスどおりに映画を観にいってきた。

銀座に行き映画を観た。「今まで本当に有難う。いい人生だった」92歳のバースディパーテイの席で、主役のマドレーヌのスピーチは感謝の言葉から始まった。だが、その後続いた宣言に家族は言葉を失う。「2か月後の10月17日には私は逝きますー」

フランスの元首相の母による実話から生まれた作品だ。86歳まで生涯の天職として助産師として働き、92歳で「尊厳死」を選択した。

日本でも橋田さんが、「私は尊厳死したい」とのメッセージを今月発売の文芸春秋にお書きになったようだ。

リラックスするつもりで、映画を観たのだが、、、また、考えてしまった。生まれて初めてできてしまった円形脱毛症がまた広がってしまっているのではと、恐る恐る耳の後ろの頭皮を触ってみた。自分では見えないので、どうしたもんじゃろか?

|

« 紅葉の日光その2 | トップページ | 92歳のパリジェンヌその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 92歳のパリジェンヌ:

« 紅葉の日光その2 | トップページ | 92歳のパリジェンヌその2 »