« 高野山へその4 | トップページ | 高野山へその5 »

レストランテマサエ

荻野公介選手、おめでとう、頑張りましたね!辛かったこと、不安だっこと、悔しかったこと、数限りなくあったでしょうね!

東洋大学の荻野公介選手がリオオリンピックで、日本勢で初めての金メダルを獲得した。新聞によると、スペインのグラナダでの高地合宿を終えてリオの国際空港に到着して、決戦の地に降り立ち、「やるべきことはすべてやってきた。あとは本番で力を発揮するだけ」。
怪我をし、練習ができない辛い体験をしたが、平井先生に支えられて一つひとつ歯を食い縛って乗り越えてきたとのこと。21歳の若者に教えられた。「艱難を乗り越えたときに、素晴らしいご褒美が、与えられる、どんなことがあっても、諦めない。」
私のメールにグラナダの娘からメールが入っていた。「平井先生が、正恵ちゃんが作ってくれたごはんを食べた選手達は、メダルをとるよ!って、言ってもらったんだよ!」
「よかったね!平井先生からいただいた言葉を宝物にして、今まで以上に精進しようね!」
20160807131739_2
グラナダの娘の「レストランテまさえ」に、高地合宿の合間に、正恵の作ったごはんを食べにきてくれた平井先生、選手の皆さん、また食べに行って下さいね!
北島康介選手や萩野公介選手を指導した平井伯昌先生は、子供達のやる気を引き出してくれる言葉の魔術を持っているような気がする。萩野選手は、平井先生に「金メダルをかけてもらいたい一心で泳いだ」そうだ。誰かのために頑張ること。私たち母娘は、素晴らしい指導者にご縁をいただいたことに改めて感謝。

|

« 高野山へその4 | トップページ | 高野山へその5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランテマサエ:

« 高野山へその4 | トップページ | 高野山へその5 »