« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

はじまりはヒップホップ

若さも肌のハリもない、持っているものは勇気だけ

8月も終わりになってしまった。強い勢力をもった台風が迷走しているようだ。テレビで、「これが台風の眼です」と、いわれてまじまじと、見て、「へ~!目の中に入っちゃったら大変だね~!」台風10号は、30日夕方ごろに東北地方に上陸する見通しだ。なんとかそれてほしいものだ。
今日は、銀座に出かけたついでに雨もあがったので、映画を観てきた。平均年齢83歳のダンスチームがラスベガスを目指して挑戦したその姿を追ったドキュメンタリー映画だ。
ニュージランドののどかな島で誕生した世界最高齢のダンスグループで、挑戦しているのは、なんとヒップホップダンス。94歳のスターダンサーに、83歳の元オペレッタ歌手。主婦歴70年の93歳、杖が相棒の94歳、73歳の若手、平均年齢83歳の超個性的なメンバー達が、ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンスの大会に出場するために悪戦苦闘する。そして、晴れの舞台に。
「好奇心とちょっとした勇気、そして仲間がいれば、人生向かうところ敵なし」(松下幸之助)
確かに、そのとおり。
泣いて、笑って、元気をもらった。私だって、まだ大丈夫だよね!そういえば、ある人がこんなことを言っていた。「もう歳だから、、、と思ってしまったら、今の自分を10年先の未来から戻ってきたと思えば、まだまだ出来ることはいくらでもある。」
鏡に映ったわが姿、まだまだいける。誰も褒めてくれないから、自分で褒めるしかない。「鏡よ鏡!美しい人は誰?」あっ!やばい!もしかして、惚けたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽のめざめ

愛とは、見捨てないこと

リオのオリンピックも終盤を迎えてしまった。残暑の厳しい折、事務所を抜け出して銀座で、映画をみてきた。映画館は、ほとんどシルーバー、シルーバー割引の人ばかり、思わず「電気代大丈夫ですか?」
映画が始まると、スクリーンには、あの「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーブが。1943年生まれ。奇跡の美貌は、姿かたちの美しさから、内面から輝く熟女の貫禄に。
彼女の役は、女性判事。学校からも社会からも見放された少年が、女性判事と指導員の誠実で力強い愛によって、自分の人生を見出すまでを描いた作品だ。
いみじくも、日本では、中学1年生の少年が自殺するという悲惨な事件が起きた。報道によると父親の暴力が原因で、父親は母親の再婚相手で、母親は少年を救おうとしなかった。少年は自分を保護施設に入れてくれと周囲に訴えたが、本気で受け止めてもらえなかった。
無力な子供は親が自分を必要とされていないと知ってしまった時、どれほどの絶望に陥るのか。
今、なぜ、フランスで、1967年生まれの女性が脚本を書いて監督した作品が、日本で上映されているのか。久しぶりに考えている。
信じるとは、裏らぎられてても手を握ってともに乗り越えること。カトリーヌ・ドヌーブが、そっと少年の手を握って、慈愛にみちたまなざしで少年を見つめる姿は、圧巻だ。
共感性の強い私は、映画のなかで更生施設で教育係として働いている人物に自分を重ねてしまった。「もし、私がこの人物だったら、反抗し続ける少年にこんなにも根気よく粘り強く接することができるだろうか?」
自分が生んだ子供を虐待する人間がいる一方で、他人が生んだ子供でも慈愛をもって育てることのできる人間もいる。
このところ、成年後見の仕事で行き詰っていて「私にはこの仕事は向いていないのでは?」と、落ち込んでいたのだったが、極暑もオリンピックもそろそろ終わりだ。もう少し頑張ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストランテマサエ

星奈津美選手がリオ五輪競泳の女子200mバタフライで銅メダルを獲得した。

2014年にパセドー病の手術後、平井コーチの指導を受けてきたとのこと。スペインのグラナダでの高地合宿の合間には、平井先生、北島康介さんと、一緒に星奈津美さんも娘のグラナダのお店にごはんを食べにきてくれた。その日は、孫娘も学校から帰ってきて、お店にいたので、一緒に写真を。「はい!チーズ!」Photo

今朝、ソフィアに早速に伝えた「ソフィア!奈津美ちゃんが、メダルとったよ!」
「悔しい感情があって4年間やってきた。4年に1度しかない五輪がめぐってきて、また同じ悔しさは味わいたくない」。悔しさをバネにして、掴んで銅メダルだ。

ソフィア、貴女もこれから悔しいこと辛いことを沢山体験するだろうけど、がんばろうね!
それにしても、平井監督は凄い!
報道によると、「平井コーチの指導を受けてから、なかなか思うような記録が出なかったとき、心に迷いが生じ、平井先生に相談したところ、平井先生は、真面目な性格うえに、世界選手権金メダリストの重圧に苦しんでいた彼女に、世界チャンピオンのプライドを捨てろ、君が、金メダルを諦めないなら、とことん付き合うぞ!」俺を信じて俺についてこい!
キューバのカストロの言葉を思い出した。「どんなことがあってもキューバ国民を誰一人も見捨てない」。良い指導者、良いリーダーは、愚直に自分の信念のもとに生きている、故に人は信じてついて行く。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野山へその5

自動販売機に麦般若

精進料理を正座していただいた。お寺に泊まるのだからこの日はビールを飲まないで寝ようと、覚悟した。夕食後に部屋に戻ると若い修行僧が布団ひいてくれていた。なんだか申し訳ない。
廊下にある洗面所で歯磨きをして、廊下の奥を覗くと、なんとそこには飲み物の自動販売機が。麦般若(ビール)があったのだ。ズボンのポケットをおもわず探ると小銭が。誘惑にはかてませんでした。なんのために高野山にきたのか、情けない。
爆睡のお陰で、翌朝は5時に爽やかな目覚めだった。寺の周りを散策。その後、朝の勤行。064
朝食を美味しくいただいた。068
お世話になった部屋で、背筋を伸ばして記念写真。077
寺院を後に高野山駅へ。078
1928年に完成された2階建ての駅舎は、洋風建築を基調とする外観で、高野山の玄関駅なので、頂上に宝珠が載せられていて寺院風の屋根だ。079
ケーブルカーのノリ口からは厳かな山々が。080
生憎天気はいまいちだったが、曇り空の木々と空のそれなりに趣があった。081
極楽寺駅には、天空の列車が橋本駅からきていた。083
緑と赤の車体だ。待てよ!この色の車体は、比叡山のケーブルカーと同じ色だ。山には似合いの色なんだろうか。084
車窓からの眺めを楽しみながら途中の戦国武将の真田幸村が隠居した屋敷跡に建つ真田庵のある九度山駅を通り、天空列車に乗ること30分、橋本駅に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストランテマサエ

荻野公介選手、おめでとう、頑張りましたね!辛かったこと、不安だっこと、悔しかったこと、数限りなくあったでしょうね!

東洋大学の荻野公介選手がリオオリンピックで、日本勢で初めての金メダルを獲得した。新聞によると、スペインのグラナダでの高地合宿を終えてリオの国際空港に到着して、決戦の地に降り立ち、「やるべきことはすべてやってきた。あとは本番で力を発揮するだけ」。
怪我をし、練習ができない辛い体験をしたが、平井先生に支えられて一つひとつ歯を食い縛って乗り越えてきたとのこと。21歳の若者に教えられた。「艱難を乗り越えたときに、素晴らしいご褒美が、与えられる、どんなことがあっても、諦めない。」
私のメールにグラナダの娘からメールが入っていた。「平井先生が、正恵ちゃんが作ってくれたごはんを食べた選手達は、メダルをとるよ!って、言ってもらったんだよ!」
「よかったね!平井先生からいただいた言葉を宝物にして、今まで以上に精進しようね!」
20160807131739_2
グラナダの娘の「レストランテまさえ」に、高地合宿の合間に、正恵の作ったごはんを食べにきてくれた平井先生、選手の皆さん、また食べに行って下さいね!
北島康介選手や萩野公介選手を指導した平井伯昌先生は、子供達のやる気を引き出してくれる言葉の魔術を持っているような気がする。萩野選手は、平井先生に「金メダルをかけてもらいたい一心で泳いだ」そうだ。誰かのために頑張ること。私たち母娘は、素晴らしい指導者にご縁をいただいたことに改めて感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野山へその4

高野山の宿坊に泊まる。

高野山には117の寺院があり、そのうち52のお寺が参詣者のための宿坊施設が整った宿坊寺院になっている。052
高野山大学のお隣の宿坊にお世話になった。053
「えっ!こんなに素敵なお寺に泊まらせていただくの?」寺務所の玄関先では、イケメン君の修行僧が出迎えてくれた。そして、部屋に案内していただいた。長い廊下を息子達と同じ年代の修行僧が、館内の説明を受けながら歩いていると、なんだか心が落ち着いてきて、暖かい心持になった。050
案内されたお部屋は、中庭に面した落ち着いた和室。床の間の掛け軸が素敵だ。一休みしてから、お風呂に行き汗を流して、こころとからだをお浄めした。055_3
夕食は、大広間で修行僧のお給仕でいただいた。思わず、おにいさん!ビールを一本お願いします!」と、言ってしまいそうだったが、ぐっと、こらえて、ビールなしで精進料理をいただいた。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高野山へその3

奥の院御廟を参拝041

樹齢千年を超える杉並木のなかを、苔蒸した墓石がならんでいた。写真を撮るのが、なぜか躊躇われてしまった。多分、私に、お大師さまが、「自分の目でこの荘厳な世界をしっかりみておくように」と、呼びかけてくれたのかもしれない。法然や親鸞、織田信長や明智光秀、武田信玄、上杉謙信などの墓がある。宗派を超え、敵味方を超えて、誰でも「くるものは拒まず」の世界だ。038
この杉は、根本は一つで、039_2
先が3つに分かれている。三つ子がそれぞれに一人で生きていっているようだ。私の3人の子供達もそれぞれの道をこの杉のように、健やかに大らかに伸びてほしいものだ。044
私の実家の柳生家の墓がここにもあった。ご先祖様に手を合わた。私の3人の子供達それから3人の孫達が、「健康でいられますように、お守りください」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »