« バラナシへ | トップページ | バラナシ »

認知症

認知症の妻殺害の疑い

「妻を殺してしまった」と110番があった。逮捕された夫(82歳)。「介護が苦しくて、自宅の寝室で認知症の妻の首を電気コードのようなもので絞めて殺害した疑い。(本日の夕刊)
「辛いですね~!」今、私は認知症の方達12人の成年後見人をしている。施設に入られている方、自宅にいられる方、さまざまだ。私の仕事は財産管理と身上監護なので、直接介護をすることはないが、介護する人の大変さを見ている。「その場がきなけりゃわかんねぇ、にんげんはねぇ追いつめられると弱いもんだな」(相田みつお)介護の大変さはやった人にしかわかんない。これからこのような事故がおきないように祈るのみだ。
インド人は自慢します。「俺たちはカレーをよく食べるから、上手に加齢する」ジョークではないようだ。他の国と比べると認知症の発症頻度が7割近く低いという報告があるそうだ。
カレーには、クルクミンというポリフェノールがたっぷりと含まれている。このクルクミンが、アルツハイマー型認知症の引き金となるタンパクのごみがたまるのを防いでくれるようなのだ。
昨年末に、東京家庭裁判所から審判書が届いた。アルツハイマー型認知症の女性の補助人として選任された。早速、本人宅に伺った。「えっ!こんなにしっかりしている方が認知症?、なにかの間違いでは?」と、思うくらいだ。「私は、まだ自分のことはなんでもできますよ、貴女にお願いすることはなにもありませんよ!」「そうですね、万が一困ったことがおきたら、ご連絡下さい」と、名刺を渡して「先日、私はインドに行ってきたんですが、カレーを食べると上手に加齢するそうですよ!上野に美味しいカレーやさんがありますから、今度食べにいきましょ~!」と言って帰ってきた。初期の認知症の人は、難しい。
その後、根気よく被補助人と面談して、やっと、東京家庭裁判所に初回の就任事務報告書を提出することができた。さぁ~今晩はカレーを食べにいこう~!

|

« バラナシへ | トップページ | バラナシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症:

« バラナシへ | トップページ | バラナシ »