« 金沢その4( 不室屋) | トップページ | 金沢その6(つば甚) »

金沢その5(不室屋)

Happy  Wife,Happy Life

律子さんは良妻賢母だった。不室屋のヒット商品のふやきお汁「宝の麩」の誕生のお話を伺った。海外留学をしていた子供たちに、母親の律子さんは、日本の味を手軽に食べられるようにまた栄養にも配慮して、乾燥させた野菜や麩など沢山の具をふやきの最中につめ、金沢風の味にブレンドしたおすましの粉末だしを添えて、「母心」で送ったのだそうだ。
子供たちが当地に住む日本人の知人に分けているうちに、日本人の間で「おいしい!」と話題になり、贈り物として依頼されたのがきっかけで商品として販売することになったのだそうだ。
苦しい闘病生活にも愚痴をこぼさず、遺していく家族ひとりひとりに遺書を書かれて、旅立たれたとのこと、最後まで凛としておられたご様子をご主人から伺った。
お土産も何もたず、突然お伺いして、お茶までご馳走になってさらにご主人からおみやげに宝の麩と麩菓子をたくさんいただてしまった。「天国の律子さん!ご主人によろしくお伝えくださいね!」

|

« 金沢その4( 不室屋) | トップページ | 金沢その6(つば甚) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢その5(不室屋):

« 金沢その4( 不室屋) | トップページ | 金沢その6(つば甚) »