« 風邪の効用 | トップページ | デリーその2 »

デリーへ

忘れないまえに
今日は2月3日節分、月日はロケットのように速く過ぎてしまう。昨年の11月末にインドから帰ってきてから約2か月過ぎてしまった。お正月は、京都、奈良で過ごしたので、2月は11日からアルジェリアに出かける予定でいたのだが、子供たちの「なんで今アルジェリアなの?まだ、死んでもらっては困るんだよね、」「日本に居たって死ぬときは死ぬんだよ」「でもさ、死ねばいいけど、拉致されたら、日本国に迷惑かけるよね、それとさ、インドの旅日記まだ書いてないよね、書いてから違う国に行けば!まだ行きたい国はいっぱいあるだろう!」老いては子に従え、ということで、アルジェリア行きはやめにした。
という訳で、忘れない前に、次の旅に出る前にインドの旅のこと書くことにする。
11月21日成田空港9時30分着、エアインディアで11時30分定刻どおりに出発。9時間50分搭乗、インド時間で、17時50分にデリーに到着(日本との時差は3時間30分)
インドの旅で必要なものは、健康な身体と好奇心のみだ。洋服は、いつものTシャツとズボン。そのほかは、帽子とマスクとスカーフとサングラスだ。どこに行くのもいつも同じだ。でも、今回は、特別に下痢止めを用意した。齢をとったからなのだろうか、少し用心深くなったようだ。
インドへの旅はこれで4回目、1回目の時に強烈な洗礼を受けた。一晩中、トイレで過ごしたのだ、「私は、こんなに腹黒だったのか?」と、思うほどだった。その時もかなり注意をして、カットされている果物は食べない、生野菜は食べない、歯磨きもペットボトルの水を使う等々かなり気を付けていただが、、、」多分15年前で、50歳の時だったので、日本で目いっぱい仕事してから出かけたので、疲れがでてしまったからだ。旅には疲れを連れていってはダメだ。
その後2回目、3回目はその時の辛い体験のお陰で、快適な旅を楽しんだ。もちろん、他の国に行ってもお腹は壊さなくなった。
「1に健康、2に健康、3,4がなくて5に健康」健康でさえあれば、どこにでも行ける。今回のインドの旅も下痢止めのお世話にはならなかった。ありがたいことだ。
002
私の部屋からはホテル中庭が丸見えだ。
001
ホテルとショッピングセンターが一緒の建物なのだ。

|

« 風邪の効用 | トップページ | デリーその2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デリーへ:

« 風邪の効用 | トップページ | デリーその2 »