« デリーへ | トップページ | パトナへ »

デリーその2

インディラー・ガーンディー国際空港に到着

前回は8月だったので、空港内むっ!としていたが、今回は11月で乾季なので、インド旅行のベストシーズン、寒い日本からきたので、温かくて過ごしやすい。入国審査後は、両替所で米ドルからインドルピーに両替。バスに乗って市内のホテルへ。
ホテルに入るためにチェックが行われていた。空港の入国審査と同じくらいの厳重さだ、前回はこんなチェックはなかったのに。客室に行くためのエレーベーターも部屋のカードがないと乗れない。カードをなくしたら大変だ。
翌日は、朝4時起床なので、早めに寝ることにしたが、眠れない。そこで、日本から持ってきた「深い河」(遠藤周作)の続きを読む。この本は1993年に発行されたから今年で、20年以上経つ。改めてもう一度読み直したのが、きっかけとなってインドへの旅となったのだ。。
「深い河、神よ、私は河を渡って集いの地に行きたい」(黒人霊歌)この言葉につられての、多くのヒンドゥー教徒たちが集まる「聖と俗が混在する年に一度の特別な期間のソンプール・メーラ」の祭りを見たさにでかけたのだ。この祭りは、ヒンドゥー歴カールティカの満月の日から1か月にわたって盛大に開かれる。そして502 インド中から集められたアジア最大の動物市も開かれる。
羊だかヤギだかよくわからない。532
これは、象だ!533
像使いのおじさんと覆面のおばあさんとで、「はい!チーズ!」どこに行ってもこの姿。493
これは、乳牛!483
姿形の良い馬の前で、白と黒のおばあさんが、冥土のみやげにと、記念写真。525_2
素敵なサリーのご婦人が目の前に。ふくよかですね!

|

« デリーへ | トップページ | パトナへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デリーその2:

« デリーへ | トップページ | パトナへ »