« ラティ村 | トップページ | ムサファルプールへ »

マンガローニ村

マンガローニ村のシヴァ神のお寺へ260

えっ!これがお寺?日本のお寺とは趣が違う。お坊さんが「やあ~いらっしゃい」

262

「ギョギョ!ワッオ~!」えっ!思わず、お腹のおへそに目がいってしまった。生のお腹を見たのってもしかして生まれて初めて!?なんと、りっぱなお腹!
268
お寺の中には、シヴァ神のオンパレード。264
左の壁には、本に載っているシヴァ神の絵が。因みにシヴァ神とは、聖山カイラーサで瞑想する苦行者の姿で表される破壊の神。虎の皮をまとい髪を巻き上げコブラを身に回している。乗り物はナンディーと呼ばれる乳白色の牡牛。宇宙の創造と破壊を象徴するダンスを踊るとされ、舞踏の創始者タナージャとしても有名なんだそうだ。なんと魅惑的なきらびやかな神様なんだろう!
270_2
お腹の大きなおじいさんに呼び止められて、「ここに、座れ」「はい!」「わしの家族と一緒に写真を撮ろう」「はい!」頭がこれ以上悪くならないようにとのおまじないをかけられたようだ。帰りにガイドさんに「あべさん、特別あつかいだから献金してくださいね」「はい」日本に帰ったらご利益がありますように。276
お寺の隣の池では女の子達が洗濯をしていた。273
沐浴をしたりお喋りしたりと、少女たちはとても楽しいそうだ。
302
男の子たちが寄ってきてくれた。みんな超可愛い~い286_2
イケメン君が、上手にミシンをかけていた。298
若いお母さんは、紙にミティラー画をもくもくと描いていた。働くお母さんは美しい。
297
根気のいる作業だ。

|

« ラティ村 | トップページ | ムサファルプールへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガローニ村:

« ラティ村 | トップページ | ムサファルプールへ »