« ブータン | トップページ | ブータンその3 »

ブータンその2

幸せってなんだろう!なぜ、ブータンの人たちは幸せなんだろう!

今回は、「行って、見て、感じるブータン」をテーマに、「与え合い、学びあう旅」だった。出国審査を経て空港の出口には、民族衣装の「ゴ」を着たガイドさんが待っていてくれた。ソナムさんば。ブータンで一番優秀な日本語のガイドだ。手織りの上品な風合いの丈がくるぶしまである「ゴ」にロングソックスを履き、ぴかぴかに磨かれてある革靴を履いている。「男性のファッションは足元にある」と、言われていることを思い出した。「素敵な私好みのガイドさんでよかった!」

旅のみちづれは、30代と40代の男性。そしてガイドのソナムさんと4人だ。専用車に乗り「出発、進行!」向かった先は、ティンプー・チュの川岸の標高2300メートルから2400メートルの谷間に広がる首都ティンプー。003

車が走り出して、すぐに「パロ・ゾン」が、目に飛び込んできた。ゾンとは、17世紀前半にブータンを統一したドゥク派の高僧川ガワン・ナムゲルがその政治的、軍事的、宗教的拠点として各地に整備した巨大建築物で、ドゥク派布教の拠点、地方支配のための行政機関、そして軍事的防衛施設でもあった。010

ゾンには、玄関の吊り橋を渡って行く。004

緑の空気が美味しい。



|

« ブータン | トップページ | ブータンその3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブータンその2:

« ブータン | トップページ | ブータンその3 »