« あん | トップページ | 家族 »

青春

人間は歳をとったから老いるのではない、希望を失ったときに老いるのではある(サムエルウルマン)

事務所の引越しのために、旧事務所にあったものを段ボールの箱に詰めて、小日向の自宅に運び込んだ。10年前に、寿町の前の自宅から運び込んだもので捨てられなかったものばかりだ。

小日向の借家は13部屋もあるので、倉庫としては最適。取り敢えず、玄関脇の部屋に段ボール箱を突っ込んだ。時差ボケも治り、身体の調子も戻ったので、そろそろ整理をしなければ、と思い立ち、段ボール箱を開けて みると、娘の正恵が中学生のときに書いたお習字が出てきた。


友人からいただいた額に入れてみると、それなりに様になるものだ。駒沢のアトリエに持って行って壁に掛けた。孫娘(正恵)の書と祖父(正基)のブロンズのコラボ。


観音さまが微笑んでいる。

そして、俯いている。

|

« あん | トップページ | 家族 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春:

« あん | トップページ | 家族 »