« マヌカン島へ | トップページ | コタキナバルの蒸気機関車 »

コタキナバルのゆうひ

梅雨雲の隙間に沈む夕陽かな

箱メガネで魚を見た後は、ホテルに帰ってきて、一休み。

流石、リゾートホテルです。卓球台と大形ピンポン球、大型チェスと至れり尽くせり。

ホテルの庭で一休み

お兄ちゃんは虫刺されの跡が気になって仕方ない。弟はムシよけスプレーが気になって仕方ない。

エステから帰ってきたおばあちゃんは夕陽が気になって仕方ない。東京にいるときには味合えない至福の時だ。

ああ〜!

息子がいつの間にか青年会議所の大会から帰ってきていた。

夕陽が沈んだ!沈んだ後の余韻にしたる。幸せです。

|

« マヌカン島へ | トップページ | コタキナバルの蒸気機関車 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コタキナバルのゆうひ:

« マヌカン島へ | トップページ | コタキナバルの蒸気機関車 »