« コタキナバルの蒸気機関車その2 | トップページ | レストランテマサエその5 »

コタキナバルの蒸気機関車その3

終点のパパールで折り返す

蒸気機関車は、石炭とマングローブの木を燃やして走っている。

希望者にはマキを焼べている車両に乗せてくれるというので、お兄ちゃんはパパにだっされて見学。

機関車にはマキが積んでもあり、車両から切り離されてUターン広場へ。



先端の機関車はUターンして帰路に。

僕も、お兄ちゃんのようにマキを焼べている車両に乗りたい〜!

ママに抱かれるとほら!ごらんの通り「 ママが一番!」「今のうちだよ、そのうち、ママは2番になっちゃんだよ!」


車窓からの眺めを楽しみながらランチいただき、14時にタンジュンアルに戻ってきた。

|

« コタキナバルの蒸気機関車その2 | トップページ | レストランテマサエその5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コタキナバルの蒸気機関車その3:

« コタキナバルの蒸気機関車その2 | トップページ | レストランテマサエその5 »