« 青嵐 | トップページ | レストランテマサエその4 »

レストランテマサエその3

時差ボケとはこうゆうことかとボケて知る

朝早く目が覚めてしまう。昼間は眠くて仕方ない。このままのこの様な状態が続いてしまったら本ボケになってしまう。惚けの症状のひとつに直前のことは忘れてしまうことがある。2週間前のスペインの娘のことを思い出したので、未だ惚けてない。ボケたらアカン。


マサエの料理、この器は今回私が日本から持っていたもの。

沢山のスペイン人が日本食を食べに来てくれている。

箸を上手に使ってお寿司を食べている。

大きな桶のお寿司が次から次へとテーブルに運ばれる。

ちらし寿司も。



大盛りの野菜天ぷら



牛のタタキ、ゴマだれ、ポン酢、ツユ付き

若い人は、唐揚げ

焼きそば、ラーメン、餃子、カツ丼が若者に人気。事情があって閉鎖しているグラナダ駅前の最初の店が再開となったら、ラーメン屋をやりたいものだ。

|

« 青嵐 | トップページ | レストランテマサエその4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランテマサエその3:

« 青嵐 | トップページ | レストランテマサエその4 »