« 初志 | トップページ | 風薫るクラナダ »

春嵐

春嵐忘れし心よみがえり

姪の命日に事務所の引越しが終わりました。18歳の春田舎から列車に乗って上野駅に着いた時のことが昨日のようです。あれから47年、純朴なかわいい田舎娘は今じゃ愚鈍な婆さんになりました。

「お店の仕事は辛いけど、デッカイ夢がある」(ああ上野駅)まだまだ夢の途中です。あと10年、20年と夢に向かって一歩前に歩き出します。「本を忘れず、末を乱さず」亡くなった母の声が春嵐から聞こえてきました。

新しい事務所の私の部屋にはご縁を頂いた素敵な方達からの「エールのお言葉とお花とお酒」感謝感激雨霰!

義父の作品も嬉しそうです。

お花屋さんのようです。

仕事の机の上にもお花です。

お花見客、大歓迎です。上野御徒町にお出掛けの折には是非お立ち寄りください!

3人目の孫が事務所に来てくれました!

麻子ばあばあお仕事頑張ってね!

|

« 初志 | トップページ | 風薫るクラナダ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春嵐:

« 初志 | トップページ | 風薫るクラナダ »