« 三度目の正直 | トップページ | 天空の町ロンダ »

白玉観音

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ

12月14日に駒沢の相談室にテーブルと椅子が入りました。
1419940683172.jpg
分散していた作品も戻ってきつつあります。
1419940690381.jpg
阿弥陀様、観音様に囲まれていると、親鸞聖人のお言葉を思い出します。「地獄は一定すみかぞかし」これは、「どうせこの世は面白くない、地獄行きの人生しかない」と開き直るのではなく、「煩悩を抱えて生きなさい」ということなんだそうです。(いまいちよく解りません)
ものの本によると、地獄(誰とも向き合えない心)・餓鬼(求める心)・畜生(権力を持っている人にしか尻尾を振らない)であるわが身を離れて生きることはできない。煩悩を捨てて良い人になるのではなく、煩悩を持ったまま生きればよい。ということだそうです。
1419940696822.jpg
今年もこの相談室で、多くの人達の悩みを伺いました。「私も貴女と同じですよ!思ったようにいかないのが人生のようですよ!亡くなった母が言っていました、何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ、そのうち花が咲く、焦らない、」

1419941580699.jpg
この白玉観音の原体は、なんと、あの高校サッカーで有名な仙台の聖和学園に置かれています。先日、私のブログを見てくださった学園の事務局長からお手紙とこの写真をいただきました。たかがブログ、されどブログです。ここにもご縁がありました。来年は、仙台に行って、白玉観音様にお会いしてきます。

|

« 三度目の正直 | トップページ | 天空の町ロンダ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白玉観音:

« 三度目の正直 | トップページ | 天空の町ロンダ »