« 発達障害 | トップページ | 非嫡出子の相続分 »

発達障がいかもしれない

医学博士、臨床心理士の磯部潮先生の書かれた「発達障害かもしれない(見た目は普通、ちょっと変わった子)」を読み終えました。

発達障がいに人は、知能は正常で外見から障がいがわからないために、周囲からは、「わがままな人だ」とか、「親のしつけはどうなっているのだ」とおもわれがちです。このような批判は見当はずれなんだそうです。

「ひやっ!」となると、私も含めて私の周りの友人や子供たちも、、、

また、本屋さんに行ってきました。こんどは、「まさか発達障がいだったなんて(困った人と呼ばれつづけて)」(PHP新書)を購入してきました。

今日から10月、今年こそ「読書の秋」にしたいものです。

 

|

« 発達障害 | トップページ | 非嫡出子の相続分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発達障がいかもしれない:

« 発達障害 | トップページ | 非嫡出子の相続分 »