« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

発達障害

もしかして私も、、、

保佐人3人目を引き受けることになりました。取り急ぎ、入院先の先生にお願いして、診断書の作成をしていただきました。症状として、「忘れっぽくて、計画性をかく」他にもたくさんの症状が豆粒みたいな字で、書かれていました。

待てよ、これって、、、、そこで、今年の3月7日付けの日経新聞の夕刊の記事の切り抜きを、書棚のファイルから見つけ出しました。「人の話をしっかり聞かず、忘れぽくて、計画的に物事を進められない。こんな理由で職場なので叱られた経験のある人は多いだろう。最近の研究でこうしたケースが発達障害のひとつ、「注意欠陥他動性障害」に該当すると分かってきた。

行動の特徴として、思ったことをすぐに口にする。思いついたら後先考えずに行動に移してしまう。

「やばい!もしかして、私も!?」

記事の最後に、「このような症状の特徴を生かして、仕事で大きな力を発揮したり新たな才能に目覚めたりするケースのある。このような症状のある人は,起業家が多い」。

本屋さんに行って、「発達障害かもしれない」という題名の光文社新書を購入してきました。保佐人選任の申立書を書く前にしっかり読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日

9月26日は、お謳いの先生のお誕生日でした。女子会のメンバーの啓子ちゃんの半蔵門にあるフレンチの素敵なレストランでお誕生会が開かれました。佳子ちゃんがいつもにように幹事をしてくれました。佳子ちゃんと啓子ちゃんと、アルゴのスタッフのこころ温かいおもてなしと、美味しいお料理のお陰で、楽しい楽しい夕べを堪能しました。

1411787402791.jpg
アミューズ、一口のお愉しみです。
1411787403652.jpg
ニューカレドニア産の海老のフリット魚貝、サラダ仕立てのうずらの卵
1411787404420.jpg
天然平目のポアレ
1411787405035.jpg
お口直しのグラニテ
1411788116774.jpg
鴨胸肉の炭火焼き、無花果のポレンタ添え
1411788117429.jpg
この日は、桂子ちゃんのお誕生日も一緒にお祝いしました。アルゴ特製のケーキ前にハッピーバースデーヒサキ先生!ケイコちゃん!
1411788117677.jpg
終わりは、いつもの美味しいハートマークのコヒーをいただき、生きててよかった!
1411788118284.jpg
皆で「ハイ、チーズ!」アルゴの窓には、ライトアップされた東京タワーも、「ハイ、チーズ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歳になりました

秋彼岸立てよ歩めよ愛し孫よ

9月20日は彼岸のいり、三人目の孫が満一歳になりました。
1411487391040.jpg
抱っこからベビーカーに。産まれて365日でこんなに大きくなりました。
1411487391726.jpg
一升餅に名前を書いてもらって、お祝いです。
1411487392279.jpg
餅を背負って歩きました。
1411487392971.jpg
「お兄ちゃん!見て!」
1411487393624.jpg
バランスを上手にとって歩いてきました。
1411488168112.jpg
若くて綺麗なおばあちゃんに抱かれてニコニコ!
1411488168798.jpg
おばあちゃんにベッタリ、甘えん坊の男の子達です。こんなに可愛がられて育てられている孫達は、幸せです。有難いことです。愛されて育てられた子供は愛することを憶える。優しく育てられた子供は優しくすることを憶える。褒められ育てられた子供は信頼することを憶える。人を信頼し愛して優しい男に育って欲しいものです。

1411488169373.jpg
美味しいお料理を美味しくいただきました。ご馳走様でした。それにしても、「我が息子よ、君は、幸せ者だね!良い仕事をして世間様に恩返ししなさいよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柘榴坂の仇討

「仇討を禁ず」その日、運命が動いた

9月20日公開の「柘榴坂の仇討」の映画を日本橋の映画館で見てきました。先日、私が尊敬している坂田先輩から、お手紙と一冊の本が送られてきました。「僕の畏友の若松節朗監督の作品が、9月20日に公開されます。とても良い作品です。是非、見てください!」本は、浅田次郎氏の「五郎治殿御始末」でした。

翌日、事務所にパンフレット100枚とポスターが松竹から送られてきました。早速に事務所の壁にはりました。
1411300851474.jpg
事務所にいらしてくださる方にパンフレットをお渡ししています。町内会のお集まりや、お友達に会う時もパンフレットをかばんに入れて行き、お渡しています。
1411300852383.jpg
事務所の壁に以前から貼ってあるスペインの風景写真にも馴染んできています。

武士の誇りと覚悟、師への想い、妻への感謝と愛、、、にほんじんの真心が画面いっぱいに溢れていました。
「時代遅れと言われようと捨ててはならないものがある」凛として、着物が着たくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬られました。

庭の木々刈り取られてスッキリと


1411256737345.jpg
昨日は、大家さんの御用達の庭師さんが、我が庭に来てくださって、バッサバッサと斬り捨ててくれました。一瞬、「もったいないな〜!」と、思ってしまったのですが、相田みつおさんの詩を思い出しました。「斬り捨てる勇気」です。スッキリしました。
1411256738054.jpg
切られる前の木々です。
1411256738837.jpg
緑で囲まれて見えなくなってしまった祠です。
1411256739518.jpg
玄関先は
1411256740299.jpg
こんなにスッキリ
1411256740771.jpg
大家さん!庭師さん!有難うございます!

1411257122858.jpg
青い夏みかんが沢山実っています。これからくる寒い冬を乗り越えて黄色くなるまで、元気でいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保佐3人目

一人よりは二人二人よりは三人

障がいを持っている人のお世話をさせていただくようになってから丸5年が経とうとしています。還暦を迎えたときのことでした。私は、50歳で、離婚。10年後、文京区の閑静な地に一戸建ての庭付きのお家を、格安の家賃でお借りできることになりました。(その前は、姉のマンションに居候したいました。)大家さんはお寺さんです。60歳にしてやっと、自分のお城ができたのです。

「振り向けばご恩を受けし人ばかり」お寺の入り口にある掲示板に、掲示してあった大家さんの徳雲寺の書家でもあられるご住職の書です。この書に触発されました。人生100年とすると、そろそろ恩返しを始めないと、時間切れとなってしまうのでは?、、、というわけで、成年後見の仕事を本格的に始めました。「石の上にも3年」と言いますが、私の場合は、「石の上にも5年」のようです。やっとやっと、「もしかして、これが私の天職かな?」と思えるようになってきました。

昨日は、ご年配のおばさまから、「息子の保佐人になって欲しいんですが」「ハイ!わかりました、とりいそぎ、息子さんに会わせてください」ということで、会いました。お会いした瞬間、何処かで会ったことがあるような不思議な同級生のような感覚が!「阿部さん、よろしくお願いします、」「ハイ、一所懸命お世話させていただきます。」

5年にして、被保佐人3人目です。因みに被成年後見人は7人になりました。今日は、おひとりで頑張って生活しているKさんと、Mさんのお宅にお伺いしてきま〜す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百歳社会

百歳以上の高齢者が激増中

21世紀の新世界とは、高齢者の世界です。右をみても左をみても、きんさん、ぎんさんばかりです。そのうち「国民の大半が高齢者である」時代になるかもしれません。

現在100歳を超える5万人を超える人たちの80パーセントは寝たきり状態で要介護だそうです。

私は、来年の2月21日に満65歳になります。100歳まで生きるとしたら、残りは35年です。1年365日、一日24時間、計算してみると、、、、、数字に弱いので、、、、

いずれにしましても、お迎えがきてくれるまでは、これからの毎日は、「今日が一番若い日」なので、ばんばりま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生100年

人生100年、65歳以上最多3296万人

今日は敬老の日、おひとり暮らしのSさんのお宅と、Hさんのお宅に行ってきました。偶然お二人とも大正のお生まれです。Sさんのマンションのお部屋番号とHさんのマンションのお部屋番号が2つ違い、なんたることか、マンションの入り口のインターホンの番号の前で、「何号室だっけ?、たしか、、、あせると、、、やばい!どうしよう!」

天からの助けが現れました!「どちらに?」マンションの住民の素敵な女性が、声をかけてくれました。

「ありがとうならいのむしはたち」、いえ、「ありがたいならいもむしくじら」でしょう!

声をかけてくれた女性は、たぶん私と同じ65歳手前、3500万人の仲間です。

人生100年の時代に突入、「高齢者は4人に1人」、今日は敬老の日です。そのうち敬老の日はなくなるかもしれませんね!「親孝行したくないのに親はいる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作花火大会その3

Kさんの別荘マンションに泊まらせて頂きました。翌朝は、いつものとおりの時間に目が覚めました。早速、マンションの中でつながっているホテルの最上階のお風呂で朝風呂、前の晩にしっかりと雨が降ってくれたおかげで、青空がちらっと。
1410264155860.jpg
皆で諏訪湖畔に散歩
1410264159659.jpg
Kさんは、しっかりした足取りで楽しそうです。
1410264160183.jpg
オ〜ーイそこのビジョ、美女、ビジョのお姉さん「ハイバター!」
1410264160789.jpg
向こうに見える背の高い建物が、Kさんのマンションです。とても居心地の良いいい気の流れるお部屋で爆睡。「ありがとうならいもむしはたち」。
1410276006776.jpg
間欠泉見学をしてから、Kさんのご実家にお寄りして東京に戻ってきました。
1410276007491.jpg
地元の人達は、八ヶ岳のことを「やつ」と呼ぶそうです。Kさんは、生まれた故郷に帰ってきて、やつに会えて、やつをたっぷり見ることができて、嬉しそう!「楽しかったね〜!」やつ、ありがとう!はるみちゃん、運転お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作花火大会その2

華やかに湖上を染めし花火かな

1410184731640.jpg
「どーんどーん!」いよいよ第32回全国新作競技花火大会がはじまりました。この大会は、にほんの伝統文化の一つで花火技術の継承と発展に寄与することを目的にして始まったんだそうです。この日は、1万5千発の花火が打ち上げられました。

1410184732450.jpg
素晴らしい色たちです。
1410184733132.jpg
Kさんのマンションの窓下には屋台が1ヶ月分を稼がなければ!

1410210134606.jpg

諏訪湖の花火屋台は稼ぎどき

1410184733876.jpg
湖面で花開く水上スターマインや周囲の山々にこだまする音響は、迫力です。
1410184734583.jpg
みんなで観ればなおワンダフル!
1410184735163.jp
花火が終わった途端に雨がざあざあ!花火が終わるのを待っていてくれたんです。「武士の情け」です。花火を堪能した後は、隣りのホテルの最上階にあるお風呂に。諏訪湖を眺め花火の余韻にしたりながら湯にしたりました。「極楽、極楽」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作花火大会

新作の花火舞い散る諏訪湖かな

6日、親友のはるみちゃんの親戚のKさんが持っている諏訪湖の前ある別荘マンションに、第32回全国新作花火大会見物のために、はるみちゃんの運転する車で出かけてきました。「誘われたら断らない」ことを心がけているおかげで、いろいろな所に行って楽しい体験をしています。
1410092933647.jpg
途中、パーキングでお茶したりしてとの、のんびり旅です。八ヶ岳が遠くに見えてきました。Kさんは「あっ!やつがみえてきた!」東京に出て来る前は、毎日八ヶ岳を見て育ったのよ!」約1年ぶりの故郷です。Kさんは、「何処に行くの?」と何度もはるみちゃんに聞いていましたが、八ヶ岳を見ると、昔の記憶が蘇ってきて、脳の回路が繋がったようです。「有難いね〜!ありがとうとうならいもむしはたち」
1410092934528.jpg
Kさんのマンションは、ホテルに中でつながっている高級マンションです。ベランダからは、諏訪湖が目の前に、花火大会のために屋台がたくさんできています。そして大型バスが続々とやってきています。
1410094388985.jpg
はるみちゃんが作ってきてくれたお惣菜を、優子ちゃんと4人で美味しくいただきました。司法書士で社会福祉士でもある優子ちゃんのお陰で、Kさんは、とても楽しそう。「ありがとうとうならいもむしはたち」「久しぶり、こんなに大きな声で笑ったのは、楽しいね〜!」

1410094389686.jpg
湖畔は、花火見物のために場所取りの人たちが。
1410094390310.jpg
花火開始までは散歩、カリンの前で.「ハイチーズ!」
1410094702621.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と旅行その10

最後のグアムでの食事は、ホテルの最上階にある中華レストランで。レストランからはタモン湾が見下ろせました。快晴のお陰で素晴らしい眺めです。
1409686414881.jpg
ゆく夏を惜しんで浮かぶ白い雲
1409686415537.jpg
お魚さん、バイバ〜イ!
1409686416108.jpg
大きくなったらまた来るね!
1409686416710.jpg
帰りの飛行機の中では、よく寝てくれました。無事に成田に着きました。
1409686417508.jpg
楽しい楽しい夏休みの旅行でした。「次は何処にしようか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と旅行その9

いよいよ日本へ帰る日となってしまいました。第一泊目の夜中にお兄ちゃんが、シクシクと泣き出しました。「お家に帰りた〜い!バァ〜バァとジィ〜ジィと一緒に寝た〜い!」 改めて嫁の両親の豊かな愛情のお陰で、孫が優しい子に育っていてくれていることに感謝。
1409684073123.jpg
帰る日なって初めての快晴、朝市に。陽射しの強さに驚き。
1409684073796.jpg
採りたての野菜です。
1409684074499.jpg
海老に魚です。
1409684075158.jpg
ニワトリも売られています。
1409684076407.jpg
現地の人たちで賑わっている屋台では、串焼きを若者が汗だくになって焼いています。
1409684964915.jpg
行列して焼きたての串焼きをゲット
1409684965629.jpg
現地の子供達です。「まぁ〜、可愛いい!」
1409684966265.jpg
あまりの暑さに赤ちゃんは頭からタオルをかけての散歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と旅行その8

グアム旅行最後の夜は、嫁が予約していてくれた繁華街のレストランで、現地料理です。
1409663046923.jpg
息子の誕生日祝い、日本から持ってきた母子合作のプレゼントとに息子は大感激!
1409663047856.jpg
手作りです。思い出しました、息子が結婚する前に手作りの指輪を徹夜で作って、嫁にプロポーズしたことを。嫁のお母さんが、そのことを、とても喜んでくれたことも。
1409663049877.jpg
「息子よ!君は幸せだね〜!こんなに素敵な妻と子供達がいて」
1409663050519.jpg
三人の男達へ、「男は強くなければ生きている意味がない、優しくなければ生きていく価値がない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と旅行その7

午後は、私の仕事の関与先が運営している海中展望台に。
1409661009100.jpg
海の中に螺旋状の階段で入ると、
1409661009990.jpg
魚、魚の向こうに女の子達が、手を振ってくれています。スキューバーダイビングで、海を潜って魚と一緒に泳いでいる韓国のお姉さんでした。

1409661486583.jpg

イケメン君が泳いでいないか探して見ましたが、、、残念でした!
1409661010669.jpg
ダイビングスクールの韓国から来たお姉さん達です。
1409661011579.jpg
前のビキニのお姉さん達も韓国の人でした。ホテルから往復したもらったタクシーの運転手さんも韓国人、この日は、韓国ラッシュでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫と旅行その6

朝6時30分から1時間、ホテルのバルコニーでヨガを楽しみました。ヨガの先生は、アメリカ人です。ヨガが終了後、グアムに来て始めてアメリカ人とカタコト英語で話ができ、「ここは一応アメリカだよね」
1409580896624.jpg
今回は、パック旅行なので、記念写真付きです。この旅行は、嫁が全て手配してくれたので毎日楽しいオプショナルが付いており充実した旅でした。
1409580897746.jpg
カメラマンがカタコトノ日本語で、モデルに指示しているのですが、お兄ちゃんは、現地の人の日本語の語尾を延ばす話し方で、「こっの方がいいですよお〜〜〜!」


1409604446635.jpg
スパイダーマンにヘンシ〜〜ン!

1409604447319.jpg
カッコイ〜〜イ!

1409580898772.jpg
母子のナイスポーズです。
1409580899709.jpg
撮影の後は、キッズルームで、ハイハイ。
1409580902358.jpg
孫は、動物園の猿山をながめているように面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »