« 蝋燭能 | トップページ | 美しい努力 »

四谷怪談その2

三日坊主にならないように、、、、

8月1日から1週間経ち8月8日朝6時30分に四谷へ。夏休みに入っているおかげで内線の電車の中はゆったりとして座っていけました。私が朝の勉強会に行ったことを聞きつけた友人が、「僕も早起きだから、行ってみたい!」「それでは6時50分に受付で待っているね!」ということで2回目の勉強会に参加。「原発3km圏内からの脱出、今まで、そしてこれから」講師は、福島県双葉郡出身の川崎葉子ん。東日本大震災により原発事故発生後の放射線漏れにより避難を余儀なくされ、数日後には着の身着のまま知人を頼って福井県に移住。

被災地のマスコミに報道されていないような悲惨な現状、これからの活動目標等を語られた。「福島県女性経営者プラザ」会長や、町の各種審議員等の要職にある川崎さんの「故郷をなんとか復興させたい」という熱い思いが、会場一杯に。同じ年代の同じ女性として、私も何かしなければ、、、

講演会後、8日の夜に、被災地の女川町にて行われる現地の人達を励ますために開かれる講演会に参加のメンバーのお見送り。

1407631439021.jpg
9時事務所へ、数件の仕事が私を待っていてくれました。感謝!

|

« 蝋燭能 | トップページ | 美しい努力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四谷怪談その2:

« 蝋燭能 | トップページ | 美しい努力 »