« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

相談室

パタゴニアから帰ってきてから、テンションがあがって仕事が面白いように捗っています。特に相談業務の比重があがってきました。今日は、駒沢のアトリエで3組の相談を受けました。
1400938481349.jpg
最初の相談者は、遺言の相談、2番目は、贈与の相談、3番目は、相続の相談でした。一組、約2時間でした。が、1時間はお喋り、残りの1時間が具体的に必要書類や作業の流れの説明等で、終了。

1400938483278.jpg
今日も良いごえんをいただきました。感謝!
1400938485027.jpg
作品たちにも感謝!
1400938485382.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートドーナツ

映画観て胸えぐられて涙ぐむ

昨日、銀座に出かけて1970年代のアメリカのカルフォルニアでの実話をもとに生まれた「チョコレートドーナツ」を観てきました。アラン・カミングの圧倒的な演技と歌唱シーンに胸が苦しくなりました。

1979年、シンガーをシンガーを夢見ながらシヨーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであること隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。が、幸福な時間は長く続くことはなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう。血はつながらなくても、法が許さなくても深い愛情で結ばれる3人。ラストシーンの愛の歌をもう一度愛する人と聴きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母の日

461

今年も母の日がやってきました。実の子どもでない若者達から素敵なお花をいただきました。
10日の日経新聞にこんな記事が。お母さんに感謝していること。第一位、かならず味方でいてくれる。第二位、どんな時も見放さない。第三位、弱っているときに励ましてくれる。
確かに、一般的なお母さんってそうなんでしょうね~!どうも私は一般的なお母さんではないような気がしました。以前、息子達に尋ねたことがありました。「私に感謝していることは?」「ほっといてくれていること」。
孫が3人になってすっかりおばあちゃんになった今年の母の日に、子供達から「あなたの子どもに生んでくれてありがとう!」のメッセージをもらいました。「私の子どもに生まれてくれてありがとう!」のメッセージをスペインのグラナダにいる長女、アメリカのロサンゼルスにいる長男、日本の埼玉にいる次男に送りました。
459
ダメ母さんでも、子どもはそれなりに育ってくれているようです。有難いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷河って

氷河のいろいろ
1399730483306.jpg
氷河もいろいろあるんだそうです。溢流氷河は氷床から流れ出て、谷を流下するもの。温暖氷河は寒候温度低下する表層の一部を除き、全層が融解点に達しているもの。海洋型氷河は海洋性気候の強影響を受けたもの全季節型氷河は年間を通じ滋養・消耗が起きるもの。というように氷河が分類されるんだそうです。
1399730485160.jpg
パタゴニアの氷河は温暖氷河で、さらに全季節型の氷河です。
氷河の誕生
1399730486827.jpg
パタゴニア南部は強い偏西風帯にあるために、太平洋からの強い湿った風がアンデスの山並みに当たって大量の雪が降ります。降った雪は上に積もる雪の重みで押しつぶされ融解、再氷結を繰り返して雪から氷へと転化されて氷河が生まれます。
1399767165227.jpg
今回は、気温2度、強風のなかを寒さ堪えて観てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷山の一角

氷山の一角の意味確認す

紅葉のパタゴノアから帰ってきて4日過ぎました。テンションがあがってしまって、「どうしちゃんだろう!」大自然に触れて、気も触れてしまったのでは⁈状態です。
1399643856795.jpg
また見てみたい!天然の色彩はムイ〜ビエン(スペイン語で素敵)!
1399643860273.jpg
今回の旅では、メチャクチャ知能指数の高いおじさんが、旅ともでした。ガイガリ棒のアイスキャンディと同じようなソーダブルーの色をした氷山を目にして、思わず、「氷山の一角ってドウユウコトナンデスカ?」と、聞いてしまいました。「氷山の一角とは、海上にある氷山は一部であり、海中にある氷山が大きいことから、全体像が明らかになっていない中で一部のことが明らかになっている状態のことを「氷山の一角」と比喩した表現をすることがある」と、説明をしていただきましたが、「阿部さん!僕より年上でしょう、こんなことも知らないですよくそのとしまで生きてきたね〜!」「ハイ、お陰様で」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球の裏側から

パタゴニアの草原の彼方にパイネの角を見み、基部に白い花崗岩、頂部に黒い堆積岩を載せる奇怪な岩峰を眺めて、岩峰の背後ある地球上で最大の山岳氷河に驚きの声をあげて、地球の裏側から帰ってきました。

帰りもまる2日かけて成田に戻ってきました。「行きはよいよい帰りはつらい」
エコノミー席で、カチンカチンに固まってしまった身体で事務所へ、なんと事務所には
1399469485930.jpg
私の大好きな友人からと息子と孫たちから贈られてきた花が、私を待っていてくれました。
1399469488123.jpg
疲れが吹っ飛びました!次はどこの国に行こうかなぁ〜!地球儀を眺めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷河

グラシアール
1399122981252.jpg
やっと着ました!グラシアール(スペイン語で氷河です。)1981年にユネスコの世界遺産リストに自然遺産として登録され、貴重な氷河と、絵のように美しい山と湖の風景を保護するために国立公園に1937年に指定されました。
1399126412918.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マゼラン海峡

マゼラン海峡冬景色

入国の厳しい審査を経て、プンタアレーナスの空港の外に出るとそこは初冬。日本の春から逆戻り。「ヒェ〜!寒い〜!」
バスに乗り込みホテルへ、窓の外は真っ暗のマゼラン海峡。

プンタアレーナスは、スペイン語で「砂の岬」を意味するんだそうです。夏は短く、これから本格的な冬に入るところで、寒い。

バスの中には暖房は無し、バスに中で手袋、帽子をして震えていました。バスは、マゼラン海峡に面してギッシリと並ぶ小さな家の前を走りクラシックなホテルに到着。現地時間夜の8時。「眠くて、寒くて、暗くて」ここでめげたら女じゃない!節をつけて叫びました!成田発の夜行飛行機降りた時から、、、あぁ〜あぁ〜マゼラン海峡冬景色〜〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »