« 遺言書 | トップページ | 遺言書その3 »

遺言書その2

あいつだけにはやりたくねぇ〜!

「Sさん、聴いちゃってもいいですか?答えたくないことは答えないでくださいね!「解った!「づ〜と一人だったんですか?」「そうだ!」「戸籍のうえでは奥さんもお子さんもいないんですね!」「どこにもいねえ」「ご兄弟は?」「弟が一人いる」「よかったですね!彼女に見せちゃった遺言書は、小さく破ってふてちゃってください」「で、俺の財産は、どうなっちゃうの?」「弟さんにいきます」
「あいつだけにはやりたくねぇ〜!」

「先生!俺の財産いらねえ〜か?」

頭の中を、ラダックのあの輪廻転生図絵がぐるぐる廻り出しました。

「Sさん!何処かに寄付しましょう!」 「そうだな、どこに寄付しようか?」「今晩、寄付する先を考えてください!」「うん、わかった」「くれぐれも彼女には、このことしゃべっちゃダメですよ!」

それから、数日後「先生!寄付する先を決めたよ」「よかったですねぇ〜!」
「それでは、公正証書遺言にしておきましょう!」

|

« 遺言書 | トップページ | 遺言書その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺言書その2:

« 遺言書 | トップページ | 遺言書その3 »