« ターゲ・ボスターン | トップページ | タフテ・ソレイマーン »

保佐人その6

本日は、小春びよりの良いお天気の師走の土曜日でした。被保佐人の○○さんの退院、施設への入居でした。昨晩の広尾で行われた女子会を早く切り上げての、初めての付き添いでした。恥ずかしいのですが、この歳まで、人さまの退院の手続きをしたことがなかったのです。いささか緊張いたしましたが、事前に病院の医療ケースワーカーのCさんが、事務手続きをしてくださったお陰で、あっと言う間に退院できました。

さらにCさんからは、素敵なメッセージをいただきました。「阿部先生とは色々なお話ができて嬉しかったです。それにとても勉強ができました。○○さんは、本当に素晴らしい方々に支えられていると思います。今後もご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。有難うございました。」
Cさんは、グラナダにいる長女と同じくらいの年齢です。保育園にかよっているお子さんのお母さんです。医療ケースワーカーというお仕事をしながら子育てしています。とても素敵な女性です。今回○○さんの保佐人になってよかったことのひとつは、Cさんに出会えたことです。
入院費を支払い、薬剤師の先生から2週間分の薬とおくすり手帳をいただき、医師からは診断書及び申し送り事項をいただきました。病院の玄関まで、タクシーを呼んでもらいました。
看護婦さんにご挨拶をしてさぁ~施設に出発です。○○さんは、タクシーに乗ると、「おかず横丁によって、家に帰ってから食べる弁当を買っていこう!」「え、え、え、!?」
「今日は、雲ひとつない天気だから隅田公園を回っていきましょう~!」○○さんは、「うん、今日はいい天気だね~!」高速道路に乗って隅田川にかかり桜橋をみながら、「今日は家には帰らないで、ホームに行きます!」と○○さんの顔をみながら話しました。「うん、解った!」
ホームには、ケアマネージャーさんが待っていて、早速にお部屋に案内して下さいました。お部屋は3階で、約6畳でトイレとベットと小さなロッカーがありました。○○さんは、ベランダから見える前のお家のお庭が気にいったようです。しばらくベットに腰掛けて庭を眺めていました。
さて、そのあと私は事務所に行って入所契約をしなければなりません。2センチ以上の説明書と契約書は事前にさぁ~と目を通してきましたが、、確認すべき事項が沢山あって、約1時間かかりました。
契約が無事に終わり、部屋に戻って、足りないもののチェック、ケアマネージャーさんに購入をお願いして、取りあえず、今日の保佐人の仕事は終了です。
○○さんに、「疲れたでしょう~!お昼ごはんをいただいてから少し横になってくださいね!私は今日はこれで帰ります」○○さんは涙目で「有難うございました!」私も涙目で、「近いういちにまた来ます!元気でいてくださいね!」
帰りの電車から見える夕日がいつもより優しく見えました。

|

« ターゲ・ボスターン | トップページ | タフテ・ソレイマーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保佐人その6:

« ターゲ・ボスターン | トップページ | タフテ・ソレイマーン »