« 糸染工場見学 | トップページ | 豆腐料理 »

京友禅工房見学

お勉強の後、宿泊先の三井ガーデンホテル京都四条に到着したのは18時、その後夕食をいただいて、部屋の戻って着物の帯をほどいたときは、自分を誉めました。「やれば、でくるじゃん!」お風呂に入って、なごみ処にて、マッサージをたつぷり1時間していただきました。

翌朝は、爽やかな目覚めです。きものを着て、京友禅工房見学です。051
バスにて、山科の小糸染芸に伺いました。5代目小糸太郎氏のお出迎えです。江戸の終わりに初代小糸重助氏が友禅業を創業、明治、大正、昭和、平成と5代にわたり染め一筋に受け継がれている老舗です。
057
早速に工場のなかを見学させていただきました。色の調合の実演です。
中華料理店の調理場ようにおたまでの調合です。まさにさじ加減で色が作られていくのです。「これぞ、職人技です」その日の温度、湿度によって色がかわるのだそうです。061
摺りこみ友禅の工房です。職人さんがもくもくと作業しておりました。渋柿の和紙で作られて伊勢型紙、鹿毛の刷毛、もち米と糠の友禅糊などの材料と道具を見せていただきました。
068 「匠の技」で丁寧につくられていきます。069
職人技をご披露いただき、「すご~い!」の連続でした。072
きものでできた屏風です。感動ものでした。着物と帯を沢山見せていただきました。
テンションが上がってしまい「清水の舞台から飛び降りてしまいました!」太郎さんデザインのきものと帯を購入してしまったのです。今日から暫らくは、「水飲んで暮らします」

|

« 糸染工場見学 | トップページ | 豆腐料理 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京友禅工房見学:

« 糸染工場見学 | トップページ | 豆腐料理 »