« ビストゥーン | トップページ | 保佐人その6 »

ターゲ・ボスターン

次は、サーサーン朝時代のレリーフが残る遺跡公園の見学です。ターゲ・ボスターンとは「楽園のアーチ」を意味するペルシャ語だそうです。109

公園に入ると池があります。鳥が長閑にお散歩です。左側から二つは、岩をくりぬきその中に彫刻が施してあります。最後は岩に直接、彫刻がしてあります。090

正面に見えるアーチ型の洞窟の壁画に描かれた、左右対称の翼を広げた天使のレリーフは、勝利の女神としてギリシャ神話に登場するニケをモデルにしたという説があるそうです。とてもふくよかな天使です。この天使は、シルクロードを通ってはるか東の日本に伝わり、正倉院の「飛天」のルーツになったともいわれているそうです。

洞窟内部には、鎧を身にまとって槍と楯を手にした馬上のホスロウ2世で、上段は、「帝王の叙任式図」です。098

このレリーフは、体ローマ戦の戦勝祝いを兼ねたアルデシール2世の叙任式を描いたものです。089ゆったりとした穏やかな空間で、のんびり、まったり。旅の疲れがでてきて眠くなりそうでした。

103_3 ハッとするような美人達です。後ろにはイケメン君が。眠気が飛びました!

107

可愛い男の子と若いお父さんとイケメン君です。メタボのヘラクレスとは大違い、あごひげがセクシー!

|

« ビストゥーン | トップページ | 保佐人その6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターゲ・ボスターン:

« ビストゥーン | トップページ | 保佐人その6 »