« M先生の退会記念講義 | トップページ | M先生のことその2 »

M先生のこと

記念講演には、先生を慕う沢山の司法書士が来ておりました。

先生は、戦前生まれです。海軍兵学校でのこと、終戦後の勤務先の裁判所でのこと、司法書士になった経緯、30代で司法書士事務所を開業時でのこと、ここに至るまでの道のりを、講談調子に語ってくださいました。

まさに「山あり谷あり」の道のりでした。私は、先生のお話しを伺って、「やっぱり、先生もそうだったんですね!」先生もにんげんだったんです。「よくぞここまで戦ってこれました」。

先生は、司法書士業界の発展、特に、簡易裁判所における代理権の取得の為に心血を注いでくださいました。高金利で苦しんでいる多重債務者の救済、少額で、弁護士事務所に門前払いをされた中小企業の経営者への支援等、司法書士が活躍することができるようになったのは、ひとえに先生の功績と云っても過言ではないでしょう!

|

« M先生の退会記念講義 | トップページ | M先生のことその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M先生のこと:

« M先生の退会記念講義 | トップページ | M先生のことその2 »