« 仁王像 | トップページ | 民法改正 »

仁王像のモデルになった元横綱

仁王像の引っ越しも終わり、寿町の建物も取り壊されることになりました。建築家の兄が設計、監理して建ててくれたビルです。兄に対して申し訳ない思いで一杯でしたが、、、相田みつお氏の「捨てる勇気」の詩のお陰で、なんとか前を向いて進むことができました。

引っ越しの書類のなかにこんな記事がでてきました。
横浜鶴見区の総持寺には、北の湖をモデルとして作られた仁王像がある。もともとは外敵から仏像を守る目的で作られ、別名「金剛力士像」とも呼ばれるだけに、当時大横綱と謳われた北の湖がその任にあたるのは至極当然の成り行きと言えた。ところが、この仁王像は北の湖が横綱に昇進する以前に作られたというから驚きだ。仁王像の制作を依頼された彫塑家(阿部正基)が、モデルになりそうな力士を探すために訪れた稽古場で偶然見染めたのが、当時15歳だった北の湖だったのである。稽古に臨む気迫はもちろん、顔といい、体つきといい力士の見本のような北の湖少年は、仁王像のイメージにぴったりだったというわけだ。
後年、その少年が大関、横綱に昇進したことを聞かされた阿部正基氏は驚きの声をあげた。日の出の勢いで躍進を続ける北の湖とあのときの少年力士が同一人物だとは知らなかったからだ。15歳ながらキラリと光る輝きを見せた北の湖とその輝きを見逃さなかった芸術家の眼力。誰も予想しえなかった少年の未来は、仁王像の完成により具現化されていたと言えるだろう。
段ボール箱に一杯の写真や資料があります。駒澤のアトリエで楽しみながら整理することにします。もし、「作品を見てみたい!」という好奇心の旺盛な方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。お待ちしております。

|

« 仁王像 | トップページ | 民法改正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

元横綱「北の湖」関を検索中、偶然貴ブログにめぐり合いました。
鶴見総持寺の仁王像制作時、私も御縁あって阿部正基先生の
アトリエ(寿町2-8-7)で仁王像のモデルをしておりました。
当時、私は20歳頃の学生で約2年半の期間だったと記憶しています。
その間、ブログの写真にあります日展に出展の「黙」にも携わることとなり、
制作中人生のいろんなお話をしていただきました。
北の湖関のことは、阿部先生からお聞きしておりました。
とても懐かしく思います。
今、私は66歳、札幌に在住です。
同じ北海道出身の北の湖関の御冥福を心からお祈りしたいと思います。

投稿: 折野 伸明 | 2015年11月21日 (土) 17時54分

素敵なコメントをいただき感謝です。
昔のアトリエの住所まで覚えていたくださっていて、感激です。

東京にお出かけ折には、是非とも駒沢のギャラリーにお立ち寄りください。ご連絡をお待ちしております。090-1244-2090
阿部麻子

投稿: | 2015年12月22日 (火) 08時27分

阿部様
初めまして。
私は10歳まで鶴見区に住んでおりました。
子どもの頃はよく総持寺に遊びに行ったり、駅に行くのにただ通り抜けたりしておりましたので、
三門のあの仁王像はとてもとても懐かしいです。

迫力のある像で、悪いことを考えたら隠していても直ちにばれてしまいそうな気がして、ちょっと小さくなって側を通ったことを思い出します。

北の湖がモデルだったのですね。北の湖のファンなので、北の湖を検索していて、貴ブログに辿りつきました。
そんなつながりがあったのかと、
また、芸術家の方の眼力はすごいものだと感動しております。

いつか、当時の資料などをお見せ頂けたらと存じます。

投稿: ウエイサトコ | 2016年2月 3日 (水) 23時25分

サトコさま

コメントをいただき有難うございます。60の手習いで始めたブログも6年も経ってしまいました。思わぬ楽しみがありました。たかがブログされどブログですね!駒沢のアトリエには、仁王像の原型のほかに観音様、裸婦等が展示してありますので、是非お運びください。ご連絡お待ちしております。090-1422-2090

投稿: 阿部麻子 | 2016年2月 7日 (日) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁王像のモデルになった元横綱:

« 仁王像 | トップページ | 民法改正 »