« 庄内映画村資料館 | トップページ | デンデラ »

庄内映画村

資料館見学の後は、庄内映画村へ。031

素晴らしい秋晴れの、米の収穫の終わった庄内平野の向こうには、米の貯蔵庫の白い建物、その先には月山が見えました。
034
対向車が一台も来ない道を走ること30分。035
のどかな田園風景を楽しみました。
036_2
映画村のなかを走るバスです。デンデラの映画の撮影中、このバスで女優の浅丘ルリ子さん、草笛光子さん、山本陽子さん、倍賞美津子さん達は、この先にある「姥捨て山エリア」まで乗せていかれたんだそうです。撮影は、真冬に行われました。下着を4,5枚ほど着こみ、体には10か所以上の使い捨てカイロを張り付けての撮影で、寒さで震えるなかを白装束で雪の上に横たわるシーンなど過酷なロケが40日余りも続いたんだそうです。
平均年齢70歳の女優さんばかりです。「女優稼業」も傍でみているほど楽じゃなさそうですね!039
いよいよ映画村に。馬車に乗っての見学です。059
農村エリアには、撮影のために作られた田んぼがありました。061_2
おしんの生家が見えました。
066
このおしんの生家は、中山町から移設して映画「おしん」で使用されたそうです。
071
映画のおしんは見ておりませんが、テレビのおしんは見ておりますので、昔の記憶がよみがえってました。「昔は、みんな貧しかった!あの時代に生まれなくて、ラッキー!」081
村内は、戦国大手門エリア、宿場町エリア、山間集落エリア、漁村・農村エリアに映画のオープンセットが沢山あります。
映画の主人公になったような気分になっての散策でした。帰りは、6カ月の仔馬と女優さんになった気分で、「はい!チーズ!」

|

« 庄内映画村資料館 | トップページ | デンデラ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庄内映画村:

« 庄内映画村資料館 | トップページ | デンデラ »