« 燃える秋 | トップページ | クトゥブ・ミーナールその2 »

クトゥブ・ミーナール

国立博物館見学の次ぎはクトゥブ・ミーナール観光へ。340

ミナールとは、モスクの尖塔(ミナレット)のことです。この塔は、高さ725メートル、5階から成り直径は基部が14,3メートル、頂部は2、7メートルと上部に行くに従って細くなっています。下の3層は赤砂岩、上の2層は大理石と砂岩で造られています。285
世界遺産になっているミナールには、オートリクシャーで行きたかったのですが、残念ながらクルマで行きました。089
リクシャーは、小型オート三輪の後ろを二人掛けの座席にしたスクータータクシーです。このルクシャーには親子4人が乗っていました。お母さんの膝に座っている男の子の顔を見て下さい。賢そうな算数のできそうな顔をしています。算数といえば、インドの子供達は二桁の九九を瞬時に言えるんだそうです。たとえば、12×17=□□□は、即座に204と答えるそうです。幼稚園からは1から12までの数字を教えるそうです。一年は12カ月、時間は1時から12時までですしね~!そういえば干支の12ですよね~!144
ここにも算数のできそうな男の子がおりました。

|

« 燃える秋 | トップページ | クトゥブ・ミーナールその2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クトゥブ・ミーナール:

« 燃える秋 | トップページ | クトゥブ・ミーナールその2 »