« 行って、見て、出あって | トップページ | きっと、うまくいく »

少年僧

大変に恥ずかしいことですが、旅に出るようになってから、「ものを知らない私」と出会ってしまいました。「知らないことがこんなにある~」。

突然ですが、還暦(60歳)には、何故赤いちゃんちゃんこを着るのか?「赤ちゃん」になるからだそうです。ということは、60歳で、あかちゃんになったので、63歳の私は3歳のこどもなんです。
そういえば、今年の12月に3歳になる孫は、「これな~に?、どうして?」と聞いてきます。旅にでると、私は孫と同じ3歳です。088 見るもの聞くもの初めてのものばかりです。この日は、僧院の台所を見せてもらいました。少年僧が2人で働いています。026
ほれぼれするような顔立ちの少年僧です。多分この少年たちはものごごろついたときから親元を離れて僧院で生活しているのでしょう!彼らのお母さん達は、どのような想いでこの子たちを見守っているのでしょうか?005
ここシャンカール僧院では、僧侶がペンキ塗りをしていました。017
台所で働いていた少年僧です。爽やかな澄んだ目をしています。012
この目を見て下さい!穏やかな目です。018
この少年の追っかけをしてしまいました。013_2
最後はこの笑顔で見送ってくれました。この少年僧が青年僧になるころにまたこの僧院を訪ねたいものです。019少年僧が僧院から眺めていた村の風景です。025
お参りを終え、コスモスとひまわりに見送られて村に帰る地元のおばあちゃんです。ゆったりとした足取りです。087
見送る犬もゆったりしています。日本にいるとこの「まったり」をついつい忘れてしまうようです。

|

« 行って、見て、出あって | トップページ | きっと、うまくいく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年僧:

« 行って、見て、出あって | トップページ | きっと、うまくいく »