« 旅の思いで | トップページ | 僧院の修行僧 »

リキール・ゴンパその4

僧院に入ると、正面に向かって五体投地しているお祈りしている女性が2人おりました。147_2

肖像写真が入り口正面の椅子の上に額に入って飾ってありました。

150

そうです、「ダライ・ラマ14世」です。チベット仏教のご本尊は観世音菩薩です。「菩薩さま」はチベット仏教の中心的な存在で悟りをもとめて修業中なのですが、利他のこころで人々を救済してくれる慈悲深い神様とされているそうです。入り口で五体投地で拝んでいるのは「ダライ・ラマの写真」だったのです。ここで、納得しました。ダライ。ラマは、観音菩薩(千手千眼観音)の化身だから、チベットの人達にとっては神様なんです。154

慈愛にあふれたお顔です。149

知性あふれた顔立ちです。彼女達はここになにを「祈り」にきているのでしょうか?

|

« 旅の思いで | トップページ | 僧院の修行僧 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リキール・ゴンパその4:

« 旅の思いで | トップページ | 僧院の修行僧 »