« レー王宮 | トップページ | ラダックの民族舞踊 »

チベットマーケット

1950年(私が生まれた年)に中華人民共和国の人民解放軍はチベットを制圧、全域を自国に併合しました。1959年にダライ・ラマ14世がインドに亡命してチベット亡命政府をダラムサラに樹立。チベットの人達は、人民解放軍の弾圧から逃れて山越えをしてインドにやってきました。ラダックは、ダラムサラ、南インドについで3番目にチベットからの難民が多い地域です。055

チベット難民のマーケットです。

056
テントのなかでは、沢山のネックレス、ブレスレット、キーホルダーがところ狭しと並んでいました。053
こちらは仏具用品です。057
絵画も売られていました。祖国を追われて異国の地にきて生活を営んでいる人達の、「逞しさ」を感じました。そして、このような環境にいることが、彼らの信仰心を育むのでは、、、と思いました。

|

« レー王宮 | トップページ | ラダックの民族舞踊 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チベットマーケット:

« レー王宮 | トップページ | ラダックの民族舞踊 »